お酒ミライ 日本酒レビューブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

※この記事は5月26日までTOPに表示されます。◆日本酒好きなら、集まりましょ♪こんにちわー、お酒ミライの神奈川建一です。当ブログ第4回目のオフ会を募集します。名付けて「自分の舌のみが味方だ 闇鍋日本酒会!!」第1回の様子第2回の様子第3回の様子皆さんはお酒 ...

味の傾向:旨みたっぷり甘さ控えめの、野菜ジュース系赤ワイン。意外と酸も控えめで、のどごしは実に柔らか。香りも青くささたっぷりで、いかにも濃い料理をガッと支えるために使う質実剛健な食中酒という感じである。おすすめシチュエーション:こりゃー肉でしょ!というこ ...

味の傾向:穀物の香りと味がたっぷり詰め込まれた、飯米を使った無ろ過純米酒。けっして綺麗なお酒ではないが、その雑味がなんとも言えない味のボリュームをつくっており、うま味系日本酒好きならきっと好きになれる良酒。甘みが少ないドライ系だ。おすすめシチュエーション ...

味の傾向:ふくよかなうま味満載のお酒を、強烈な苦味と酸味からくる辛さでまとめ上げたフルボディ系純米吟醸酒。辛口だけど、山陰系の濃厚なうま味があるところが面白い。香りも統一感があり、きっちり設計書通りにつくれているお酒。良いぞ。おすすめシチュエーション:温 ...

味の傾向:ばっちり熟した旨みたっぷりの味が、高アルコールとギリギリ調和している穀物系生原酒。一年半の自宅開栓常温熟成を経ている。開けた時はこりゃだめだ!というぐらい刺々しい味だったが、夏を越えて冬を通過して、グッドコンディションに入ったようだ。まだまだ伸 ...

味の傾向:直汲みらしい強烈な甘味に抑えたフレッシュ感が混ざる、ハイアルコール信州日本酒。派手だがしっかりまとまっており、完成度は高い。香りの良さは特筆モノ。開栓直後は味がまとまっていないので、翌日からが本番だ。おすすめシチュエーション:さすがにこれは冷酒 ...

味の傾向:ほどよい香り、ほどよい甘さ、ほどよい余韻が綺麗に調和した日常系大吟醸。派手さはなく、一言で言えばドライ系大吟醸なのだが、主張は控えめなのにしっかりした芯があり、飲んでてとても印象が良い。幅広い食事にばっちり合う食中酒。おすすめシチュエーション: ...

味の傾向:基本はドライな大吟醸、その中に凝縮した苦味が存在する癖あり食中酒。この苦味がまるで塩味と錯覚するほどなのだ。開栓後しばらくたっても問題ない酒質は、自宅飲み派としてはありがたい。おすすめシチュエーション:温度は手堅く冷酒で。食事、それも和食と一緒 ...

↑このページのトップヘ