神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

味の傾向:新進気鋭の北海道酒蔵がつくる純米酒。香りはとても穏やかでバナナヨーグルトのような酸っぱいイメージ。味わいは純米酒らしい落ち着いたものだが、リンゴを思わせる爽快な酸味と苦味・渋味からくる複雑なコクのバランスが楽しい。面白いお酒だ。僕の評価:75点 ...

満席となりました。キャンセルが出た場合は再度募集させていただきます。こんにちは、神奈川建一と申します。今回も日本酒勉強会のご案内をさせていただきます!※このページは1月22日までTOPに表示されます。今回は日本酒の香りを10種類に分解して学ぶ会を開催します。 ...

味の傾向:精米歩合80%の純米酒。香りは穏やかで優しい感じ、バナナや梨のようなにおいに穀物を思わせる香ばしい印象が重なる。味わいは口当たり柔らかく甘く、穀物っぽい渋味苦味などがしっかり混じる。洗練された田舎風のイメージがあるお酒だ。僕の評価:75点/10 ...

味の傾向:不老泉のほどよく熟成された無ろ過生原酒。香りは強烈で、ローストされたナッツやアーモンドのにおいに青草の青い印象ががっつり混ざる。味わいもヘビーで、力強い甘味と濃厚すぎる旨味をピリピリヒリヒリする刺激とともに楽しむことができる。ド派手なお酒だが、 ...

味の傾向:風の森の最高峰である22%精米の純米大吟醸。香りは爽やかな印象のレモンや桃のイメージ。味わいは限りなく雑味のない甘味がトロりとくる。後味の硬水由来の苦さがみずみずしい。水を楽しむお酒だ。僕の評価:85点/100点(他の大吟醸にはない個性が光る) ...

こんにちは~、神奈川建一です。2021年もあとわずかということで、当ブログ恒例の今年のベスト5日本酒をご紹介したいと思います。去年から引き続きコロナにかき回された1年でしたが、皆さんはいかがでしたでしょうか?コロナも2年目とあって、そんな状況に対応したビ ...

味の傾向:秋田の銘柄・刈穂の定番辛口酒。香りはどっしりした穀物の印象でいかにも日常酒といった感じ。味わいは濃く深みのある甘い味わい。後味は適度な苦味をともなってまろやかにキレていく。辛口という印象がまったくないお酒だ。合わせた料理:オクラの塩辛和え僕の評 ...

味の傾向:今までにない香りを持つ芋焼酎。香りはまさにライチそのまんまのフルーティなスタイル。ほんのり混ざるアルコールのにおいもたまらない。味わいは香りに影響されてふわりと甘い。日本酒とは異なるフルーティさに驚くぞ。僕の評価:焼酎なので未採点。飲めば芋焼酎 ...

↑このページのトップヘ