神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

味の傾向:新政の生酒シリーズであるNo.6の普及価格帯商品。香りは酸っぱい印象が強く混ざった果実様で、レモンのような弾ける爽やかさを感じる。味は甘さ控えめの甘酸っぱいスタイルで、とにかく舌触りが滑らか。圧倒的な個性を感じる。合わせた料理:りんごとチーズのマヨ ...

味の傾向:土田酒造の地元向けブランドのお酒。香りはやや重いオイリーな印象。味は程よく甘味旨味を感じるのに不思議なほどスパッとキレていく。濃厚さとドライさが同居する辛口酒。合わせた料理:厚揚げの煮浸し僕の評価:75点/100点(悔しいけど好き)◆◆◆群馬の ...

味の傾向:1年に1回販売される黒龍の限定生酒。香りは生酒っぽく涼し気なフルーティタイプ。とてもクリアな印象。味は甘味が強いが不思議と控えめで薄味に感じる。食事と一緒だとじんわり甘味が広がり滑らかさ抜群。完成度はパーフェクト。合わせた料理:ホタルイカのボイ ...

味の傾向:千葉の銘柄・鳴海初の生もとづくり低アルコール純米酒。香りはふんわりとしたフルーティな印象、桃とヨーグルトを感じさせる。味わいは豊かな甘さを感じさせるが不思議と淡い印象もある。後味はシャープな酸味苦味が心地よい。完成度が高すぎて呆れてしまう。僕の ...

味の傾向:最近ぐいぐい評判を上げている千葉の酒蔵がつくる大吟醸。香りは大迫力のフルーティタイプ、青りんごの濃厚な匂いがたまらない。味わいはトロっとした舌触りの甘味がたっぷり味わえる。適度な苦味渋味がバランスを取り飲みやすい。非常に優秀なお酒だ。合わせた料 ...

味の傾向:No.6の10周年記念ボトルの第一弾。香りはライムのような爽やかな匂いだがとても穏やか。味わいは繊細な酸味とまろやかな甘みが奇跡的なバランスを取っている。お酒特有の刺激感がないのに物足りなくない。なんだこれは。合わせた料理:チーズとリンゴのマヨネー ...

味の傾向:蔵元から発売される新年最初のお酒。香りはフレッシュなハーブの印象満載でいかにも新酒という感じ。味わいはピリピリ・ピチピチした刺激に爽やかな酸味と苦味が心地よいドライなタイプ。好きな人にはたまらない味だろう。合わせた料理:チーズリゾット、ツナマヨ ...

味の傾向:15400円の山口県産ラグジュアリー日本酒。香りはパイナップルを思わせる芳醇でフルーティなタイプ。味わいは上品で滑らかな甘味をたっぷり楽しめ、後味はしっかりした苦味が余韻に浸らせてくれる。いくらでも口の中で味わえるスタイルだ。合わせた料理:うに ...

↑このページのトップヘ