こんにちはー、ゲーム&お酒系Tシャツ屋の神奈川建一です。


resizeP1040388 (2)

今回ご紹介するのはあの八海山(はっかいさん)、しかも限定酒です!「特別本醸造原酒 神酒連60周年記念酒」であります。

resizeP1040371 (2)
こちらは神奈川県のお酒問屋「神酒連」60週年を祝う、記念の限定醸造酒です。世にいろいろなご祝儀限定酒がありますけど、問屋の記念酒というのは珍しいですね~。近所のセブン-イレブンにも売っていたので、神奈川では相当手広く商売をしている問屋さんなのかもしれません。てか、コンビニで売れるかな、これ。

八海山は僕的に注目の蔵で、獺祭に負けず劣らず売り方が上手で、日本酒ファンの増加に熱心だよなぁって思ってます。今年は特に飲んでみたいお酒なので、地元のデパートで見かけて、速攻で買いました。


八海山といえば流麗な淡麗辛口、しかしコイツはぜんぜん違います。なんとアルコール度数19.5%の原酒!!ほとんど20%じゃないですか、これ。最近の日本酒の流行が低アルコールであることなんか「知ったことか」と言わんばかりの商品です。八海山は他にも限定で原酒の商品を発売するのですが、ことごとくアルコール度が高いです。

なんでしょう、酒豪の国の本気を感じます。「この程度、俺たちの国では普通だぜ?」なんて言ってる雪国のマッチョをイメージしてしまうぜ。でも、普段の仕事は丁寧で親切なんだよ、きっと。

resizeP1040375 (2)


では、飲んでみましょう。

パキッ、トクトクトク・・・香りは穏やかで、ほとんどありません。

ぐいっ、・・・・・・ゴクリ・・・。


濃い、実に濃いです。そして極めてドライな味。ふくよかさとか柔らかさなんて一切ない。いや、淡麗辛口では目立ちにくいお米の甘さはあるんですが、それもこんだけ濃いから、しょうがなく味が出てきたって感じ。濃厚淡麗辛口と言えば伝わるだろうか?めちゃ矛盾してるけど!

ぬる燗にしてもまだまだ甘さは隠れていて、いまだ濃厚淡麗辛口。うーむ、手強い。そして熱燗にすると、酸も甘みも後退して、まるでお湯のようなお酒に。これはちょっと危ない!アルコール19.5%がするする飲めてしまうぜ。

どの温度帯で飲んでも淡麗さは失われず、そこはさすが八海山といったところ。やはり和食の魚、特に塩焼きとか美味しく食べられそうだなぁと感じました。

それと意外とアルコールの高さを感じないのが面白かった。夏に出る17.5%の特別純米原酒は、かなりアルコール感あったので、季節の問題かもしれませんね。結構人間側のコンディションで味が変わりますし。


八海山「特別本醸造原酒 神酒連60周年記念酒」は、最近見られない濃~い原酒感を存分に味わえるパンチの効いたお酒でした。アルコールに自信のある方、最近の低アルコール日本酒に物足りなさを感じてる方は、ぜひチャレンジしてみてください~。

resizeP1040381 (2)
名称:八海山 特別本醸造原酒 神酒連60週年記念酒
精米歩合:55%
酒米:不明
アルコール度:19.5%
日本酒度:不明
酸度:不明
蔵元情報:八海醸造株式会社
購入価格(税込):1400円/720ml
購入日:平成28年1月15日
購入店:東急デパート 日吉店


購入アドバイス

八海山自体は生産量の多い大手蔵なので、購入は容易。特別本醸造あたりはコンビニでも買えます。が、この限定酒は神奈川県の酒販店のみの流通の模様。なので、神奈川県内で探すか、通販を利用しましょう。八海山を扱ってるデパートが有望ではないでしょうか。