resizeP1130147
味の傾向:
とんでもなくフレッシュな舌触り、高い酸味、しかし荒々しくはなくエレガントな気品すら感じさせる。中間ぐらいで粒の細かい酸味が爆発し、後半はほんの少しの苦味が加わりサァァァッと味が消えていく。完璧な新政である。

おすすめシチュエーション:温度を上げると甘さが邪魔をするので、冷酒、それも5℃ぐらいの雪冷えがおすすめ。新政らしく開栓初日がおいしいので、その日のうちに飲みきること。香りの強くない日本酒なので、食中でもまったく問題ないけど、食前酒として最高の一品。食欲を大いに高めてくれるだろう。ちなみにロックも良い。

評価:90点/100点(味も凄いが、コスパが素晴らしい。)

◆◆◆

僕の一番のお気に入り銘柄、秋田の新政酒造の「新政 亜麻猫(あらまさ あまねこ)」を紹介するぞ!あらかじめ言っておくが僕は信者なので、信者特有の批判を一切許さない絶賛コメントのみを書くぞ。覚悟しろ。

白麹というクエン酸を大量に出す麹を使っている亜麻猫は、とっても酸度が高いお酒である(酸っぱいお酒ということ)。普通荒々しいお酒になりがちだが、さすが新政、レベルが違う。とんでもなくお上品なのだ。普通の酸度高い日本酒が三毛猫なら、亜麻猫はペルシャ猫と言えよう!

さて、キリリと冷やしてワイングラスに注ぐ。う~ん、香りもたまらないな!冷えているため穏やかだが、フルーツ味を予感させる香りに加えて豊富な酸味がただよう。もう、今すぐ飲みてぇ!

飲んでみる。っしゃあああああああああああっっ!(拳を突き上げてガッツポーズ) はぁぁ、脳が痺れますッ。一言で言うなら完璧なグレープフルーツ味のお酒。しかもただのグレープフルーツじゃないぞ。フルーツパーラーである千疋屋のグレープフルーツ味だ!

飲んでみると口当たりがものすごく柔らか。この時点では甘さも酸味も薄く、むしろお水のミネラル感を楽しめる。そして中盤!微炭酸をともなった酸味が舌の上でブアアアアッ!と勢いづき、甘味と融合する。これが実にきめ細かい味なんだ!この味がエレガントさの源泉なんだと思う。本当にジューシー。そしてその酸味はそのままサーッと下降していき、まさにグレープフルーツを連想させる苦味と一緒にスッと消えていく・・・。

はああ、尊い・・・。これしか感想ないよ。

しかし、亜麻猫、こんなにうまかったっけ?同じものを飲んだのは2年ぐらい前だけど、もっと無骨さもあったと思うぞ。去年は亜麻猫スパーリング亜麻猫中取りを飲んでるけど、それ以上にうまいと感じてしまった。裏ラベルに書いてあるけど、亜麻猫の毎年の進化はとんでもないものだ。これだから新政はたまらない!

「新政 亜麻猫」、ラインアップの中ではローエンド価格帯商品だけど、最良の1本と断言できるくらいのお酒だ。酸味が苦手でなければぜひ一度手にとって欲しい!

resizeP1130122
resizeP1130128
名称:新政 亜麻猫(生もと純米酒、一回火入れ、H28BY)
精米歩合:麹米40% 掛米60%
酒米:あきた酒こまち100%
アルコール度:14%
日本酒度:不明
酸度:不明
蔵元情報:新政酒造 株式会社
購入価格(税込):1434円/720ml
購入日:平成29年7月22日 
購入店鈴傳(東京都新宿区)


Twitterやってます。お気軽にフォロミー!
神奈川建一(@KanagawaKenichi) 

お酒ミライのFacebookページはこちら。いいね、もらえると喜びます!

Instagram始めました
神奈川建一