こんにちわ~、お酒&ゲーム系Tシャツ屋の神奈川建一です。


resizeP1060055

今回は友人と、池袋ではしご酒に行ってきたのでそのレポートです。言い出しっぺ僕で、ナビゲートは友人のSさんにお任せするという楽ちんすぎる企画です(外道)。で、でも、案内される僕はもちろん楽しいし、案内する方もお店にお客を連れて行くというのはお店にいい顔できるし、お店も売上が人数分増えるから、三方うまく収まってるンですよ!ね、そうでしょ!でしょ!


納得したところで池袋着。場所は北東方面です。けっこう歩く。大きな立体交差の下の交差点で、今回ナビしてくれる池袋マスター・Sさんと会う。ずいぶん遠いんですね~と言ったら、「この交差点渡ると、突然シックな場所になるんですよ」とのこと。なるほど、交差点は境界なんですね。


交差点渡ってすぐのお店が、今回の目的地「あまてらす」です!日本酒ならこことのご推薦。つい最近移転オープンして、広く綺麗になったらしい。

店内は広々としており、明るい照明で清涼感があります。今回の移転で2階も増えて、より座席数が増えたそうです。そのせいで混んでくると、オーダーを少しお待たせすることもありますとの説明。ちゃんと説明してくれて助かります。

さっそく、お酒を頼みましょう。店員さんにオススメを聞いてみる。「では、これです」とお持ちいただいたのはこちら。

resizeP1060001「天青 純米吟醸 朝しぼり」(値段不明 徳利) おお、地元神奈川のお酒だぁ!が、実は苦手なお酒だったりします。最初に飲んだスペックが自分に合わないと、つい避けてしまいがちですが、こういう機会があるとある意味リベンジできるんですよね。なので迷わず注文。皆で飲むので徳利にしてもらいました。

resizeP1060005
お、片口(お皿状の徳利の一種)だ!ぐにゅってゆがんでて可愛いなぁ。写ってないけどお猪口もピンクやイエローのカラフルやつで、とても女性受けしそう。

天青の朝しぼりは神奈川では有名なバリエーションで、蔵元からしぼりたてを直送するもの。今回の朝しぼりも昨日しぼったばかりだそうだ。さて、お味は・・・・・?

超ーーー!シュワシュワ!フレッシュ!!

うひょー、こんなにピチピチしてるんだぁ!これはまさに飲まず嫌いだったと超反省。幸い地元の酒屋で予約取ってるので、次回は申込みするぜ。こういう以前飲んだお酒との再会というのも、居酒屋の醍醐味です。


お通しも充実したものが並べられます。一汁一菜のセットで700円(税不明)だそうです。
resizeP1060003
蕎麦豆腐、かな。ごま豆腐だったかもw

resizeP1060009
汁物。これが絶妙なダシ加減で、日本酒に合う!こってり系の日本酒が好きな僕としては、こういうので飲むのが大好きです。

resizeP1060011
こちらはSさんがあらかじめ注文してくれていた刺身盛り合わせ(1100円?税不明)。6点盛りかな?う~ん、見目麗しい!



速攻でお酒が無くなったので、次を注文

resizeP1060013
「会津娘 芳香純米 春泥」(徳利1000円税不明)。春泥なんておちゃめな名前。さっきの天青よりもぐっと重くなり、酸がドンッときいている味。徳利はどのぐらい入ってるんだろう?2合ぐらいありそうだけど、随分安いと思う。1合で1000円のお店は珍しくないものねぇ。


さて落ち着いたので、メニュー撮影ターイム。ちょっと長いですけどご覧あれ。

resizeP1060020
resizeP1060022
resizeP1060024
resizeP1060026
食事メニューはバリエーション豊かに野菜とお魚中心の品揃え。値段も安いメニューがそれなりにあって、選びやすそう♪

resizeP1060028
resizeP1060030
resizeP1060032
resizeP1060032
resizeP1060033
お酒は高級酒のラインナップが珍しい。こういうところは、さすが池袋といったところだろうか。客単価が高い接待などにも使われるんだろうなぁと想像する。店内を眺めると、スーツ着たグループなどが目立つし、そういう需要も十分にあるみたい。しかし、徳利の価格がえらく安い。ここ、実はコスパ相当なんじゃなね?凄いなぁ。


resizeP1060037
つまみが無くなてきたので、また注文。「あん肝の旨煮」(680円税不明)。これが奈良漬と同時に食べるとうまいんだ!いや、この組み合わせはたまらん!

resizeP1060039
「たけのこの唐揚げ」(780円税不明) 塩も付けずに素で食べてくださいとの説明。うめぇええ!絶妙に味がついていて、日本酒にばっちり調整されている。こういうの家呑みじゃあ味わえないのよねー。これだから専門店はたまらない。

resizeP1060042
次のお酒「結人 純米吟醸 N&S」(徳利1000円税不明) N&Sは「苦味&渋味」だそうですw 普段好まれないテイストを活かしたお酒だそうで。うん、おいしい!

resizeP1060045
「鯖へしこ」(550円税不明) メニューの鰯はなかったので、サバになりました。大根おろしとしょっぱいへしこの組み合わせがGOOD!


さー、まだまだいくよー!

resizeP1060048
「一白水星 あまてらす限定出荷」(徳利1200円税不明) その正体は秋田の酒米「吟の精」を使用したお酒でした~。なんでも以前は一般販売していたのですが、あまり造れなくなったそうで、お店が全部買い取ったそうです。Nさんは「昔売ってたのになーと思ったら、こんなところにあったのか!」と驚いてましたw 味は一白水星らしいキリッとしたすっきり感に、吟の精の繊細な甘さがのった感じです。

resizeP1060049
「燻製春巻きコロッケ」(780円税不明) 名前が要素のオンパレードw 若干重い肴がだんだん合ってくる頃合いになりました~。酔ってくると濃いの食べたくなりません?

resizeP1060052
resizeP1060054
ラスト!「而今 純米吟醸八反錦 3年生熟成」(値段不明) 而今の酒未来をお願いしたら品切れだったので、メニューにないこちらを出してもらいました。なんでもお店で3年丁寧に寝かした而今だそうです。こういうお店による熟成は、僕注目してるんですよねー。恵比寿の「GEM by moto」さんもやってますし。ますます激戦になりつつある日本酒居酒屋では、かなり注目される差別化じゃないでしょうか。

お味は貴醸酒のような独特の濃さがのった爽やか酒でした。あー、酔った頭にキクー。


ふひゃーー!大満足!お会計をお願いしましょう。3人で・・・・14980円。1人約5000円、安ッ!いいの??けっこういいお酒5種類も飲んだのになぁ。これは凄い。高級店と思いきや、高コスパ店でしたよ。僕らと同じように複数人でくると、とっても実感できそう。


いやー、素晴らしい!やはり池袋ほどの街になると、こういう専門店の需要があり、それに答えるお店側の努力もハンパないですね。品揃えの幅広さや、料理の充実感からすると、三軒茶屋の「赤鬼」や大塚の「麦酒庵」が近いですが、その中でも屈指のコストパフォーマンス。お金がないけど、専門店で飲みたい!なんて時はマストでしょう。高級酒を選べば、一瞬で高級店に早変わりするところもニクい。

池袋の間違いのない選択肢「あまてらす」。日本酒好きなら一度は行ってみましょう!オススメです!


あまてらす
東京都豊島区東池袋2-62-10 池袋5thビル1F
【月~木】6時~24時【金・土・祝日前】6時~翌3時 日曜営業
不定休