P1140204s
味の傾向:
どちらも味醂を思わせる甘さが主体の、クラシックな日本酒タイプだ。あら玉は甘苦い印象が強く、朝日川は淡麗な味。昭和の雰囲気をまとった、当時の大衆酒を味わえるぞ。

おすすめシチュエーション:僕はほぼ冷酒で飲みきったが、熱燗もいけるはず。このリターナブル瓶を思わせるデザインを愛でながら、普通酒らしい地味な味を楽しむのがオツである。食中から食後にかけてがおいしく飲めるタイミング。アル添らしく、食後にだらだら飲むのに向いている。

評価:50点/100点(あくまで安いお酒なりの味。でも悪くない。)

◆◆◆

ずいぶんとしつこく続きましたが、山形旅行みやげもこれで最後!山形の普通酒ペアということで、「あら玉(あらたま) 精撰」「朝日川(あさひかわ) 普通酒」だッ。いや~、やっぱり旅行したら土産は地酒の普通酒だよね。旅行中のどこでも買えるうえに、関東ではまず手に入らないし。都心で飲んでるだけの日本酒マニアの心を砕くようなお酒にも出会えるし!

この2つ、飾り気なさすぎの瓶がいーんですヨ。たま~に個人経営の居酒屋で出てくるようなたたずまいが素敵です。もしくは業務用のホッピーの瓶のような、ね。これを買ったお店はこういう瓶がたくさん売っていて、ここは天国か!と思ったよ。


まあ、とりあえずは飲んでみよう!どちらも冷酒にしていただく。あら玉は・・・なんか新潟の淡麗辛口を思わせる香りと色。酸っぱい香りとアルコールの油脂のような感じ。う~ん、不安。あ、でも色はある程度あるのか。朝日川は香りはほぼゼロで、色も澄みまくり。こっちは想像つかないなぁ。

飲んでみる。あ~、昭和の味だわ~。どちらも和食の甘さ(砂糖、味醂、お酒)をイメージさせる甘味がメインとなっている甘口系のお酒。とはいえ、現代の日本酒の甘さではない、くぐもった鈍い甘味が古さと懐かしさを感じさせる。この味が苦手という日本酒好きも多いだろう。

あら玉はより甘苦さが濃く出ており、また杯を重ねると後半辛さを強く感じるようになる。なんというか、東北の家庭料理をこれで飲んだら、さぞうまいだろうなって味だ。朝日川は淡麗よりで、酸味が目立つ(おそらく加水のせい)。とはいえ食事と進めると甘さがぐっと出てくるから、山形らしいなって思うな。


この味、今の日本酒好きの人ってまず飲まないものだと思うのね。でも、現在消費されているお酒の半分以上はこういうお酒なわけ。そしてだんだん消えていっている味でもある。飲んでみると「昔は、第三種ビールを飲むような感じで、こういうのを買っては自宅で飲んでいたんだろうなぁ」なんて思ってしまう。そんなノスタルジーに浸れるお酒だったぜ。

「あら玉 精撰」&「朝日川 普通酒」、地方に行ったら地酒の普通酒を買ってみよう。味以外の面白い体験ができるかもしれないぞ。

P1140188s
P1140165s
名称
:あら玉 精撰(普通酒 火入れ H28BY)
精米歩合:70%
酒米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:+1
酸度:1.4
蔵元情報:和田酒造 合資会社
購入価格(税込):367円/300ml
購入日:平成29年9月17日 
購入店:酒のクサカベ(山形県)

名称:朝日川 普通酒(H28BY 火入れ)
精米歩合:不明
酒米:不明
アルコール度:15%
日本酒度:不明
酸度:不明
蔵元情報:株式会社 車多酒造
購入価格(税込):350円ぐらい?/300ml
購入日:平成29年9月17日 
購入店:酒のクサカベ(山形県)




Twitterやってます。お気軽にフォロミー!
神奈川建一(@KanagawaKenichi) 

お酒ミライのFacebookページはこちら。いいね、もらえると喜びます!

Instagram始めました
神奈川建一