P1150725
味の傾向:辛口と名付けられているが、爽やかな酸味があるドライな純米酒。この銘柄特有のミントやハッカを思わせるヒンヤリとした味が、十分に楽しめるエントリーモデル。精米歩合70%由来の濃いうま味やアルコール感のおかげで、やや重く仕上がっている。

おすすめシチュエーション:冷酒が基本だけど、熱燗もかなりいけそうな予感。味は重いとはいえ、十分にバランス取ってつくられているので、食前食中オッケー。うま味も甘味も酸味もあるお酒なので、塩味や苦味を活かした魚介系料理が良いかも。サザエのつぼ焼き、鯛の塩焼き、真鯛の塩レモンペッパーソテーなど。

評価:75点/100点(ぶれない味は、熟練による安定感を感じさせる)

◆◆◆

本日ご紹介のお酒は、僕的定番の長野銘柄・大信州の「大信州(だいしんしゅう) 辛口特別純米」であーる。ここはホント味がブレず、全商品一貫した主張があるので好きなのだ。僕的に長野のお酒というと、この大信州に真澄、それと夜明け前といったところが気に入ってる。

長野は日本酒好きの症状が悪化してくるとドンドン引き込まれる地域のようで、詳しい友人に聞くと色々なこだわりがあるようだ。比較的小ぶりな蔵が多く、それぞれが技術が高い上に個性を競い合っているので、好きモノとしては避けては通れないんだろうね。狙ってないのに気づいたら長野のお酒ばかり飲んでいた、なんてこともあるらしい。

さて、この大信州、とてもいい銘柄なのだが欠点があって、それはお酒の種類が多い上に区別がつかないこと!公式HP見るだけだと、それなりにラインナップは厳選されているように見えるが、酒屋さんの通販ページなどを見ると、どんだけあるんじゃーという種類がある。そして、ラベルが似たり寄ったりで見分けられない。蔵元さん、なんとかしてっ。

そしてここまで書いて気づいた。これ、今年の始めにレビューしたお酒と一緒だ・・・。

大信州ーーーーー!まじ改善して!
気づかなかっただろぉ!(泣)


しょうがないので、強引に続ける。年始のレビューを見返してみると、この温暖な時期(6月)とは印象が異なるようで、そこに注目してみるぞ。


そそいでみる。う~ん、色は普通かな。精米歩合70%だけど、まあこんなものでしょうか。香りは清純さを感じるクールなフルーツ・アロマ。ミルク系の香りが少ないので、僕好みですね。ただ、ちょっとだけ邪魔な香りもあって、そこらへんは70%の精米歩合ゆえしょうがないのだろう。熟成を予感させる香りはほとんどない。

飲んでみよう。甘味もうま味もしっかりある。しかしそれらを脇役にするほどの、ミント系酸味のすがすがしさが気持ちいいィィーーー!系純米酒だッ。長野らしく味がたくさん詰まっているけど、それらを抑えてしまうこのミント味こそ大信州。この酸味のおかげで、辛口というよりドライさが前に出ている。芳醇辛口と言えばいいかなぁ。味の後半、キレの部分ではほんの少しの苦味と渋みがいい仕事をする。うむ、パーフェクトだ。

真冬に飲んだ同じH29BYと比べて気づくのが、お酒が「重い」と感じること。これは面白い差だと思う。夏直前に飲んだこのお酒には、軽快さよりもずっしりくるうま味の重さが前に出ているんだよね。そのため、特に食後に飲みづらさを感じた。逆に合わせる料理には、かなりの濃さがあっても平気でこなせるような気がする。果たしてこれが室温や体温の影響なのか、それとも製造時期の差なのか(前回のお酒10月瓶詰め、今回のお酒3月瓶詰め)。いつか秘密がわかるかな?


ちょっとアクシデントがあったけど、やはりいいお酒だ「大信州 辛口特別純米」。特に重い味を好む人におすすめだぜ。逆に軽やかなのが飲みたい人は、ここの吟醸系を選ぶといいと思う。大信州の芯の部分は変わらず、よりスッキリしたテイストを楽しめると思うぞ。

IMG_0946
名称
:大信州 辛口特別純米(H29BY 火入れ)
精米歩合:70%(麹米49% 掛米70%)
酒米:長野県産酒造好適米
アルコール度:16%
日本酒度:不明
酸度:不明
蔵元情報:大信州酒造 株式会社(長野県
購入価格(税込):2700/1800ml
購入日:平成30年6月2日
購入店TDM1874(神奈川県横浜市)





Twitterやってます。お気軽にフォロミー!
神奈川建一(@KanagawaKenichi) 

お酒ミライのFacebookページはこちら。いいね、もらえると喜びます!

Instagram始めました
神奈川建一