P1160683
味のタイプ:
あの黒龍がつくる貴醸酒。滑らかさ、雑味のない重層的な甘さ、隠し味として仕事する酸味、美しく締めくくる苦味、万人が楽しめるパーフェクトな貴醸酒がここに誕生だ。

お酒の特徴:日本酒界のラスボス、吟醸酒仕込み、容量は150mlのみ、一升瓶でくれ!、お値段ワンコイン、食中OK、低アルコール

僕の評価:85点/100点(150mlじゃ足りない。もっと味わいたい!)

◆◆◆

今回ご紹介するのは、日本酒界の西の横綱・黒龍酒造から発売された新製品、「黒龍 貴醸酒(こくりゅう きじょうしゅ)」ご紹介しまーす(貴醸酒とは、日本酒で日本酒を仕込む手法です)。最近は超高級酒「無二」を発表したりと攻めの姿勢の黒龍ですが、このお酒はいきなり発売された新商品です。君嶋屋のレジ前の棚にしれっと1人1本限定で売られていて、「いつの間に出たの?」と思いつつも秒速で確保していました。ハンターじゃないと見逃しちゃうぐらいの素早さだったと思います。

僕は甘口の日本酒が苦手だと自認してきたのですが、この前の甘口オフ会とか友達が開催してくれた花陽浴オフ会とかでたくさん飲んでみて、考え方が変わってきましたね。むろん一杯でもう十分!って言いたくなるものもあるのですが、バランスよく設計されたお酒は日本酒度が-20だったりしても全然飲み疲れないんですよ。日本酒度よりも、酸度の使い方とか香りの方向性の方が飲みやすさに影響しているんじゃないかと思います。

さて、この黒龍・貴醸酒は開発に5年かけた商品だそうで、ポイントは「150mlのみの商品展開」「12%という低アルコール」の2点です。

小分けの少量ボトルは黒龍が昔から展開している販売方法ですが、まさか150mlのみ限定で新商品が出るとは思いませんでした。単に生産量が今年は少なかったせいで、4合瓶で出せなかった可能性もありますが、なにか黒龍からのメッセージを感じますねぇ。定価が540円(税込)というワンコイン価格も見逃せません。

12%という低アルコール度も意外です。そんなに貴醸酒飲んでませんが、新政の陽乃鳥ゆきの美人の貴醸酒も16%ですし、僕が初めて飲んだ貴醸酒である八海山は17.5%と、おおむね普通の度数でつくられてます。貴醸酒は他のお酒と同じような度数まで発酵しても、酒の中に糖分が多く残存するのが特徴の製法なのですが、12%なんて低さで発酵止めたらメチャ甘になるのでは??それとも絶妙な加水で薄めているのか・・・うーむ、興味は尽きません。

とりあえず、味わってみましょう。

◆甘いのに飲みやすいという矛盾

飲んでみると「深みのある様々な甘みが幾重にも重なった味がメイン、それを酸味と苦味が絶妙にサポートする恐ろしく飲みやすいお酒」というものでした。ぐへー、なんじゃこりゃあ!!

甘さの質は複雑さがあって驚きです。千歳飴やアップルパイ、桃の砂糖漬けのような多種多様な「甘み」が混在するかのよう。この甘さの元はグルコース(純粋な甘み成分で、これを多くするのが最近の日本酒トレンド)だと思うのですが、こんなに複雑にできるものなの??ほげー、信じられん。

飲みやすさですが、まず酸味と苦味の配置が絶妙。酸味は食中での飲みやすさを支えるし、苦味はキレを気持ちよくしてくれます。そして12%の低アルコール!恐らくこれが黒龍の狙いなんでしょうね、半端なく飲みやすい。上に書いた複雑な甘みをサラリと楽しめるのはこの度数のおかげでしょう。

香りも凄くて、12%なのにしっかり香るんですよ。普通12%じゃ匂いは微妙になると思うのですが・・・。若いバナナのような綺麗な香りがふんわりと漂ってくる・・・ほんと、どうやってこんなお酒がつくれるんですか!!

◆黒龍、マジやばい

いやはや、もう味の設計が非凡すぎて意味がわかりません。食前がおすすめのお酒ですが、食中も平気でこなすんですよ。たぶんこれ1つで食前・食中・食後いけますね。黒龍酒造が日本酒界のラスボスなのがよーくわかる一品でした。本気で一升瓶で欲しいわぁ・・・。

日本酒というものは、農産物であるお米を工業製品に変えるものであり、その際に使う「設計図」が重要だと思ってるのですが、黒龍はここがいい意味でイカれてますね。毎年狙いを外さない商品を出せているから再現性があるわけですが、たぶん他の蔵には真似できないんです。流行りのお酒の「設計図」はいろんな蔵元でコピーされていますが、黒龍のコピーだけは不可能でしょう。そんな凄みをこのお酒から感じましたね。

「黒龍 貴醸酒」、ワンコインで日本酒の真髄を味わえるお酒でした。もし見かけたら光速で確保してください!

IMG_2252
名称
:黒龍 貴醸酒(H29BY 純米 火入れ)
精米歩合:55%
酒米:福井県産五百万石100%
酵母:不明
アルコール度:12%
日本酒度:-34.5
酸度:不明
アミノ酸度:不明
蔵元情報:黒龍酒造 株式会社(福井県)
購入価格(税込):540/150ml
購入日:平成30年6月2日
購入店:横浜君嶋屋本店(神奈川県横浜市)



Twitterやってます。お気軽にフォロミー!
神奈川建一(@KanagawaKenichi) 

お酒ミライのFacebookページはこちら。いいね、もらえると喜びます!

Instagram始めました
神奈川建一