P1160716
味の傾向:新潟らしい淡麗辛口のスタイルで仕込まれた普通酒。甘みよりうま味、うま味より酸味苦味が目立つ。しかし、杯が進むごとに体に馴染んできて、食中で料理に見事に調和する。違いのわかる大人向けのお酒だ。

お酒の特徴:八海山醸造による委託生産、金城酒販が販売者、OEM!OEM!、魚沼産、坂戸山は南魚沼の山、復刻販売(偽)

僕の評価:70点/100点(典型的な味だが、細部の出来がいい。さすが八海山)

◆◆◆

こんにちわー。今回ご紹介するお酒は、新潟の「坂戸山(さかどやま) 普通酒 H29BY」であります。見てくださいよ、このオールドファッションなラベル!最近は、ミニマルなデザインのスカしたラベルの日本酒が増えてますが、こーいう昭和のイメージの柄もいいです。個人的には、鯉のぼりとかを連想しちゃいますね。

実はこのお酒、2017年から全国流通開始のピカピカの新商品だったりします。それなのに、なぜこんな古臭いラベルなのか?その理由は、このお酒が昭和初期に販売されていたものを復活して販売したものだからなのです(正確には同時に復刻された「金城山」が元々存在したお酒であり、この坂戸山はオマージュでつくられた完全な新商品だそうです。面白いことやってますね)。

このお酒の販売者になっている南魚沼の金城酒販がもともとつくっていたのですが、今は酒造を廃業しており酒屋さんになっているのだそう。なので醸造は他のメーカーが行っているのですが、それがなんとあの八海山の八海醸造なのです。えー、八海山が下請けやってるんですか!?っていうね。驚きでしょ?

なんでこのコラボレーションが行われたのか、興味深々であります。有名な酒蔵同士のコラボなら珍しくもないですが、全く無名の銘柄の復活を、大手である八海山が手がけるのはいったんどんな理由があるのか知りたいですね~。しかもこのお酒、普通酒なんです。地元で地味に消費されるような常備酒を、全国販売する・・・うーむ、なんか裏がありそうですよ、皆さん!

お酒のスペックは何の変哲もない、という言葉が一番お似合いなもの。アルコール度15.5%、精米歩合60%の火入れアル添日本酒です。お値段もお安く4合1004円(税込)。謎が謎を呼ぶ・・・これは直々に舌を使って調査するしかありませンね!

◆日本酒版ブラックコーヒー

味は「一杯目は不味く、二杯目は普通で、三杯目はうまいッと確信する、いい普通酒のお手本みたいな味」です。いやー、さすが八海山、醸造技術が高いっすね!味としてはごく一般的な新潟の淡麗辛口タイプです。甘みが少なくうま味も控えめで、フィニッシュ時に酸味と苦味が独特の辛さをつくってます。炭素ろ過という工程で香味の調整を行った結果ですね。乾杯の一杯目に飲むと、実に愛想がなく面白くない味です。

これがお酒が進むとやたら美味く感じるんですよ。別に味が変わるわけではないのですが、ついつい杯を重ねてしまう!しかも普通酒らしく食中での味わいもいい。料理と合わせると実に味が柔らかく感じます。苦味の強いお酒ですが、これもみりん、砂糖、醤油、味噌系の和食の味付けには好相性。うーむ、最初は不味くて、慣れると美味い・・・まるでブラックコーヒーですね。

一番良かったのはアルコール感の馴染みぐあいでしょうか。この手のアル添酒はアルコールらしさを隠さないものが多く、それが昨今のマイルド系地酒を飲んでる僕らにはキツかったりするのですが、さすが八海山巧みにこなしています。このお酒は例えば一ノ蔵の無鑑査本醸造辛口などにテイストが似ているのですが、アルコール感の表現の上手さはこの坂戸山が上ですね。どういう新商品を出すべきか、八海山わかってるなぁ。

◆このお酒を世に出す意味

いや~、おいしかった。しかし厳しく言うと、よくできた普通酒なだけとも言えます。なにか革新的なものがあったわけではありません。この日本酒の生産と流通を手がける八海山は、いったいどういう考えでこのお酒をつくったのでしょうか?

ポイントは恐らく「魚沼」でしょう。魚沼のお酒は八海山だけじゃないんだぞ、過去こういうお酒があったんだぞ、加えて魚沼には坂戸山と金城山という素敵な山もあるんだぞ、というメッセージのためにつくられたのではないかと思います。この坂戸山や、八海山が熱心に取り組んでる甘酒、発酵食品を見ると、八海山はただの酒造メーカーじゃなくて、魚沼文化発信企業なんだとわかりますね。このレベルに達している会社はそうそうないです。ここが八海山の凄いところです。

新潟の友人が、「獺祭はグローバル視点で世界を目指し、八海山は逆の超ローカル視点で世界を目指している」ということを教えてくれましたが、なるほど言い当て妙だと感じました。

「坂戸山 普通酒 H29BY」、味もしっかりしていましたが、味以上の何かを感じさせてくれる日本酒でした。八海山の未来へ向けての戦略に興味がありましたら、ぜひ飲んでみてください!

名称:坂戸山 普通酒(H29BY 火入れ)
精米歩合:60%
酒米:不明
酵母:不明
アルコール度:15.5%
日本酒度:不明
酸度:不明
アミノ酸度:不明
蔵元情報:八海山醸造 株式会社(新潟県)
購入価格(税込):1004/720ml
購入日:平成30年8月24日
購入店:いまでや銀座(東京都中央区)






Twitterやってます。お気軽にフォロミー!
神奈川建一(@KanagawaKenichi) 

お酒ミライのFacebookページはこちら。いいね、もらえると喜びます!

Instagram始めました
神奈川建一