こんにちわー、お酒ミライの神奈川建一です。今日は先日僕が主催させていただいたオフ会の様子をレポートさせていただきます。

第6回目となる今回の目玉は、なんといってもあの由紀の酒サイト管理人(実は裏管理人なのだそうですがッ)、AKIRAさんをお招きして開催したということでしょう!いやー、我ながら良い仕事したなぁと思います。

きっかけは、昨年の夏にAKIRAさんが東京にいらした際に、お声かけいただきお酒の会をご一緒した時です。僕ごときを気軽に招いてくださるあたりからして、AKIRAさんの人柄の良さがわかるというものですね!実際お会いしてすんばらしいお方だったので、これはぜひ皆さんとも交流していただきたいと思いつき、無理言って東京に再度きていただきました。

AKIRAさん、本当にありがとうございます!

◆◆◆

当日の会場は神田のレンタルスペースを利用しました。もちろんスペースマーケット経由です(便利なので、オススメ!)。AKIRAさんが中央に座って、皆で大きなテーブルを囲む感じがいいかなぁと考え必死に探しましたが、実際行ってみると理想通りの場所で嬉しかったですねぇ。僕もレンタルスペース探しが上手くなったもんです(自画自賛)。

P1170318
P1170320
当ブログ専属ソムリエが選んだ歓迎用のお酒もご覧の通り。メジャーなプレミア銘柄からマニアックなものまで勢揃い!友よ、ありがと~(モザイクかかっているのは秘密のお酒)。

僕のご贔屓は、新政・天蛙オーク(この季節に天蛙飲めるなんて!)、道駒・純米大吟醸スパークリング(上喜元の蔵元の絶版酒。かなりの年数経ってるのに強烈な発泡感)、澤屋まつもと・西戸1292(守破離シリーズ最高峰)、旭興・千(12回仕込んだ貴醸酒。凄すぎ)ですね。うひひ、うまかったなぁ。

P1170329
AKIRAさん、そして由紀の酒オフ会担当のMASAさんを含めて、参加者の皆さんも無事全員到着して飲み会スタート!ご覧のように各人持ち寄りのツマミを肴に気軽に飲む会です。うちのオフ会のテンプレートになってきた形式ですね。主催が楽でいいんですよ、このスタイル(怠け者)。

P1170349
左がMASAさん、
右がAKIRAさんです。

まず最初は、AKIRAさんにサイトを始めた頃のお話をうかがいました。ダイアルアップ接続、テレホーダイなど、インターネット老人会が好みそうなワードが飛び出す時点で僕を含むオッサンは爆笑。若い人はポカーンでしたがね!

当時のサイトらしく掲示板(BBS)を設置していたそうですが、これが全国各地の日本酒ファンとの交流に大いに役立ったそうです。しかも蔵元さんも積極的に書き込んでくださったそうで、その縁で今もつながりがあるそうです。そのメンバーも豪華で、今じゃ考えられない面子でしたよ!

また、グーグルさんの検索エンジンのオツムが弱くて、多くの銘柄で公式サイトより由紀の酒が上位に表示された時の話なども。黒龍の公式サイトよりも上位だった時には、社長に「由紀の酒を抜くことが目標」と言われたこともあったそうです(その後サイト構成にアドバイスしたとか!)。今の超高性能な検索エンジンに慣れた僕らには「はえ~」なお話です。

僕的に聞きたかったのは、こちらの記事である黒龍酒造蔵見学についてでした。個人で黒龍の蔵見学なんてできるんですか!?とお聞きすると、足掛け12年の努力と交渉の成果だそうです。どへー!!ちなみに個人で見学したのはAKIRAさん達が初めてだそうですよ。そりゃそーです(笑)。

P1170350
1つ1つ丁寧に答えてくださるAKIRAさん。マジでいい人です。

そして皆さん聞きたいであろう「どうやって希少なお酒買えるんですか!」という質問をダイレクトにしてみました!回答は「昔は買えたけど、今はマジ無理。入手できてません」とのこと。あれー、そうなんですか!?

十四代などのお酒は地元ではまず買うことができず、サイトに並ぶそういうお酒のレビューは入手が簡単だったころのものなんだそうです。黒龍の希少酒は毎年入手できるツテがあるそうですが、他のお酒は手に入らないですよ~とのこと。てっきり蔵元から毎年寄贈されているものだと思ってました、ハイ。

P1170338
その十四代も、友人の尽力のおかげで角新本丸が提供されました。正直この会にはぜひとも欲しいと思ったお酒です。ありがとうマイフレンド!

P1170333
そしてAKIRAさんにも凄いお酒をご提供いただきました。なんと「白露垂珠 大吟醸 鑑評会出品酒 本斗瓶取り」!完全に鑑評会に出したお酒と同じという、全国に数本しかない逸品です。ぎゃー!!!?神奈川の日本酒の達人に譲ってもらったそうです。驚くべきはアミノ酸度0.45という驚異的な低さから想像できない甘みのノリ。こりゃすげーぞー!

P1170360
会も盛り上がってきて、会場は和気あいあいに。いつ開催しても、場がこういう風になってくれるのが一番嬉しいですね。今回は色々な方がAKIRAさんと面識ができたし、MASAさんは場を大いに盛り上げてくれたりと、良いことばかりでした。

そして参加者のみんなが持ち込むお酒の数々。今日は持込み会じゃないっつーのに(笑)。ありがとう、みんな愛してるぜぇ!
P1170352
一部で盛り上がっている鈴正宗。初めて飲みましたが、トレンドに沿いつつ確かな質感を感じる。興味深い。

P1170362
久保田・スノーピークコラボ酒。これめっちゃ高いんだぜぇ。もちろんヤバイ味。酔いのせいであまり覚えてないけど!

他にも鍋島純米大吟醸や復活した御湖鶴なども提供されました。ありがとうございました~。

そして後半、AKIRAさんが突然「生涯最高の日本酒を、皆で発表しあいましょう」と提案!どよめく皆!

P1170363
動画を撮影し始めるAKIRAさん。これは・・・逃れられない(笑)。

この提案は実に面白かったですね~。お酒だけではなく、色々な飲んだ時のシチュエーションが語られるので興味深いです。お酒の価値ってその味だけでは決まらないですよね。

皆さんはAKIRAさんの1本が気になるとは思いますが、由紀の酒でこの時の様子が公開される気がするので、うちでは秘密ということで!ちなみに僕は「三軒茶屋の赤鬼で飲んだ、十四代・純米大吟醸龍月」です。あの時の「世の中にこんなものがあるのか!」という衝撃は忘れられませんね~。

その後、3時間半の会はあっという間に終了し(本当に早い!)、全員で後片付けを手伝ってもらいました。こういう時も毎回手伝っていただき感謝です。

その後は場所を移して二次会に。このあたりからいつも通り記憶がありませんが、より深い話をAKIRAさんとMASAさんがしてくれました。たぶん、きっと!(笑) お2人とも本当にありがとうございました。また参加してくれた皆さんにも大感謝です!

◆◆◆

今回は「日本酒の凄い人をお迎えして、いろいろな人がその才覚に触れられると面白いんじゃないか」と考えて開催してみました。はじめての試みだったので不安でしたが、AKIRAさんが超絶いい人だったので、まったく問題なかったですね!ほんと腰の低い素敵な方でしたので、皆さんも機会があったらぜひ話しかけてみてください。

僕としては、日本酒のネット文化をつくり上げてくれたAKIRAさんをリスペクトしつつ、より良い方向に導くお手伝いができればなぁと思いました。まだまだ若輩ですが、どうぞよろしくお願いしますね。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。また次回のオフ会でお会いしましょう!