こんにちはー、お酒&ゲーム系Tシャツ屋・ケンザンプロダクツの神奈川建一(@KanagawaKenichi)です。


resizeP1070109


今回ご紹介するのは栃木の地酒のこちら、跳ね馬のラベルも眩しい、「若駒(わかこま)雄町70 無加圧採り」です。これを飲んでフェラーリを乗り回せば、モテまくると噂の逸品です(捕まります)。


僕としては居酒屋でも自宅でも未体験のお酒。購入したきっかけは、風の森シリーズでお世話になってる横須賀の酒屋さん「sake芯」の取扱い銘柄だからです。「このお店は僕好みの日本酒がたくさんある→きっと飲んだことない銘柄も期待できるはず!」という動機付けですね。

こういう買い方すると、酒屋は自店舗のラインナップに強い個性を打ち出すのは大切だよなあって思います。日本酒に限らずお酒って、味覚と嗅覚でしか商品アピールできません。未知のお酒を買う動機って、なかなか難しいんですよね。(なんか今、ファミ通もなかった時代に、パッケージ情報だけでファミコンカセット買うのを思い出しました)。

そういう時モノを言うのがお店の信用。「あそこの酒屋なら好みの合うお酒が買えるはず!」って予想ができるってのが大切。今回はまさにそんな感じの流れで出会ったお酒です。皆さんもぜひ、感性がぴったりの酒屋さん、見つけてみてくださいね。


resizeP1070083
今回のお酒は雄町(お酒の原料米の一種)使用の品。初めての蔵の商品だとつい雄町を選ぶ僕。そろそろオマチスト、名のっていいですか?雄町のお酒って甘くてもいきすぎず、適度に辛さもあってバランスいいんですよー。今回は珍しく生酒。あまり火入れの状態にこだわらない僕にしては珍しいです。



ゴトン、ゴトゴト、ズン(一升瓶を冷蔵庫から出す音)

いやー、一升瓶の重量感はたまんないね。

トットットットッ…

クイッ、ごくり、ダンッ!



カルーアミルク、お米のカルーアミルクです、社長!

お酒はばっちり濁ってます。飲むと軽い!スイスイ飲めてしまいます。このアルコール感のなさは、風の森ALPHAタイプ1を彷彿とさせますね。

resizeP1070088

resizeP1070116
そして、濁り酒といえばあの甘い牛乳感ですが、この若駒雄町は凄く不思議な甘苦さ、それがカルーアミルクを思い出させます。いや、すっげえおいしいな!?カルーアミルクってあのめちゃ甘い中にアルコール感とコーヒーの苦味が絶妙で、くいくい飲めちゃうじゃないですか。この、若駒、まさにそんな感じなんですよ。


resizeP1070091
濁り酒って美味しいけど、おり(沈殿物)の個性のせいで、わりと味の幅って出しにくいと思ってました。が、こいつは楽しい!とても個性的なお酒に仕上がってます。お値段も安いし、毎日の気軽な晩酌にぴったりですね。ただ、生酒なので、一週間ほどで味が変化し始めました。早めに飲みきるのが吉のようですよ。


栃木の跳ね馬「若駒 雄町70 無加圧採り」。楽しい濁り酒を探してるならとってもお勧めです!ぜひとも飲んでみてください!


resizeP1070103
名称:若駒 雄町70 無加圧採り(無濾過生原酒) 
精米歩合:70%
酒米:雄町100% 酵母TN-D T-S
アルコール度:17% 
日本酒度:不明 
酸度:不明 
蔵元情報: 若駒酒造 株式会社
購入価格(税込):3240円/1800ml 
購入日:平成28年3月22日 
購入店:sake芯(通販)


購入アドバイス
特約店の地酒屋なら問題なく手に入る。ただ、この雄町が限定品かは、ちょっと不明です。関東圏のデパートとかにはないと思われるので、あまり遠出できない方は、通販が良いだろう。生酒が基本の蔵なので、クール便は必須。


オススメ酒販店

sake芯
当ブログ定番のお店。店舗より通販がメインなので、遠方から買いやすいです。フレッシュ&フルーティーなお酒が好きならぜひ覗いてみて!

坂戸屋
神奈川県は川崎市にある店頭販売のみのお店。燗に向くような酒質が強いお酒が多い。若駒を始め、王禄、奥播磨、長珍などが取扱銘柄。どうやら量り売りもしてくれるっぽい?今度試してみます。