IMG_3977
味の傾向:ごぞんじ、大人気な甘口日本酒。華やかな熟れたりんごの香りに、豊かな甘味が実においしい。その甘さを支えるのが適度な苦味。甘味以外の要素が上手に調整されているため、極めてバランスが良い仕上がりになっているぞ。

僕の評価:85点/100点(これだけ明確に甘いのに、飲みやすいんだから恐れ入る)

◆◆◆

前回の自然郷・BIOに引き続き、福島の大木代吉本店のお酒をご紹介。「楽器正宗(がっきまさむね) 本醸造 無ろ過原酒 H30BY」であります~。ここ最近で一気に人気酒になった商品ですね。僕も大好きです!

簡単に言ってしまえば、はっきりとしたフルーティな香りに濃厚な甘味がウリの甘口日本酒です。しかし、その明確な甘さを保持しつつもバランスが抜群に良いので、甘口派に限らず多くの日本酒ファンを唸らせているのですね。なにせ、自称甘口苦手な僕すら虜にするのですから!

ちなみに今回の楽器正宗は、当ブログ的には2本目です。前回のが「特別本醸造 別選」ですが・・・今回のと何が違うんだろう?(笑) もちろん数値とか精米歩合は違うのですが、火入れだしアル添だしアルコール度同じだし、素人目には同じように見えるんです。楽器正宗は、商品の種類多くないですが区別がつきにくいのは良くないですねぇ。

とはいえ、スペックはしっかり確認です。「アルコール度16%、精米歩合60%&70%、日本酒度+1、酸度1.4、火入れ、醸造用アルコール添加、無濾過原酒」というもの。実はこの数値、前回レビューした自然郷・BIOとほぼ同じです。わずかに精米歩合と酸度の差があり、純米かアル添かの違いがあるだけというものですね。

これは楽しみですね~。おそらくこういった形のスペックでお酒をつくるのが得意な蔵元さんなのでしょうけど、どうやってブランド間で味わいの差をつけるのか?前の記事をご覧になった方はご存知だと思いますが、自然郷と楽器正宗は味わいが明確に違います。さあ、数値に表れない味わいの差を探っていきましょう!

◆美しい甘味は、いい脇役が揃ってこそ

味わいの第一印象は「明確なフルーティな香りにジューシーな甘味がバランスよく口の中を満たしてくる、ハイパー万人向けスィート日本酒」でした。もう、完璧に傑作ですね!素晴らしい!

甘口、甘口書いてますが、実はそれほど甘くないです。無ろ過生原酒で一世を風靡した鳳凰美田や栄光富士、花陽浴なんかと比べるとヌルい方でしょう。それでも明確に甘いと飲み手が認識しちゃうのは、このお酒が丁寧にバランスを取っているから。糖分(グルコース)を過剰にして甘くしているのではなく、成分の微調整によって飲む人に甘口と感じさせているのですね。う~ん、匠の技です!

そのテクニックを強く感じるのは、このお酒の苦味の使い方です。よーく味わうと口当たりから苦いんです、楽器正宗。でもそれが甘味を際立たせているのですね。チョコレートのおいしさが、カカオの苦味に基づいているのと同じです。

ちなみに日本酒では、旨味が少ないと苦味が杯を重ねるごとに強くなっていきますが、この楽器正宗は適度に旨味があるので、問題ありません。さらに最後のキレの部分では、酸味がピチピチと舌を刺激して、爽快にフィニッシュします。あのー、欠点ないんですか、このお酒?(笑)

◆突出した味わいがないお酒が一番むずかしい

いやー、やはりここ最近で一番注目されるに足る日本酒でした。やっぱバランスいいんだよなぁ。きっと醸造用アルコール添加の技術が凄いんでしょうね。アル添はいろいろ誤解されやすいのですが、基本は味わいのバランスを整えるテクニックです。黒龍、十四代、磯自慢などのトップ蔵元が重視しているのは、その役割なんですね。

しかし、自然郷・BIOとの味わいの差にもびっくり!全然違いますよ。どちらかというと、楽器正宗がスペック通り、自然郷が理解不能って感じでしょうか。どうやってるんだろあれ・・・。唯一非公開なアミノ酸度に秘密があるのかなぁ。でも日本酒度どちらも+1なんですよ。わけわかんねぇ!(笑)

「楽器正宗 本醸造 無ろ過原酒 H30BY」、全ての日本酒ファンに贈る、最高の甘口日本酒です。辛口派、ムロゲン派、古酒クレイジー、どんな人にもオススメできる。バランスが良いってこういうことなんだって、感動すること請け合いです。

IMG_3974
名称
楽器正宗 本醸造 無ろ過原酒 H30BY(火入れ)
精米歩合:麹米60% 掛米70%
酒米:夢の香100%
酵母:不明
アルコール度:16%
日本酒度:+1
酸度:1.4
アミノ酸度:不明
蔵元情報:合名会社 大木代吉本店(福島県
購入価格(税込):1080/720ml