IMG_4313
味わいの傾向:滋賀の蔵元がつくる1年半年熟成の純米酒。フルーティな香りは一切なく、甘味よりも素朴な旨味・酸味が中心。まさに穀物のお酒だなぁと納得しちゃう味だ。熱燗が似合い、食中で映えるお酒である。

合わせた料理:里芋揚げ海老あんかけ、ごぼうスープ、穀物感あるものと

僕の評価:80点/100点(ペアリングがカチッと決まった時は、実に感動的である)

◆◆◆

今回のお酒は、当ブログ初の料理に合わせる前提(ペアリング)の日本酒です。滋賀県の地酒「七本鎗(しちほんやり) 純米  無有  H28BY」であります。

このお酒はGEM by motoの千葉麻里絵さんと宇都宮 仁さんの共著「最先端の日本酒ペアリング」(Amazonリンク)からの出典です。この本、マジでオススメですよ。

僕も、日本酒に関してはたくさん飲んで勉強してきたので、ようやく最低限ぐらいの知識と経験は得たかなと考えています。そこで次なる目標は、日本酒と料理の相性を理解することにしました。今後はフードを前提とした記事も書きますので、よろしくお願いします。

今回のお酒、七本鎗・無有は、前掲の本にて「似た者同士ペアリング」で紹介されていた1本ですね。なんでも穀物感がたっぷりのお酒なので、同様の味わいを持った料理と合わせるのが良いのだとか。ほうほう、フルーティさがない旨味系のテイストなのかな?

スペックも本の中でしっかり紹介されていて助かります。科学的な客観データ大切!。ただ、どうやら2019年に店頭で並んでいるものとは数値が違うようなので、酒屋さんのHPから数値を引っ張ってきました。

データは「アルコール度15%、精米歩合60%、日本酒度+4.3、酸度1.8、アミノ酸度不明、純米、火入れ、1年半以上熟成」というもの。アミノ酸度は1.3ぐらいですかね?本では典型的な中庸のスペックと書かれています。へ〜、これが平均的なのか。吟醸系のお酒ばかり飲んでると、意外な印象ですね。まずは単独で飲んで、確かめてみましょう。

◆お米は穀物だと実感する味わい

味の第一印象(冷酒)は「フルーティさは一切なく、ギュッと濃縮されたお米の旨味を感じる味わい」というものでした。なるほど、確かにこれは穀物だわ!

約2年熟成の純米酒なので、色が付いて香りもカラメルや硫黄系の熟成香が強いですね。飲んでみると、甘味より旨味!な味。でも、バランスが良く、味の後半は苦味と刺激感がスッキリさを演出してくれます。そして酸味がいいですね。これがスパイスとなって、お酒の味に芯をつくっています。この酸味も、フルーツというより穀物の酸味を思い起こさせるんですよね~。

さて、それでは料理に合わせてみましょう。

◆増幅される旨味に感激!

IMG_4320
合わせた料理は、本に紹介されていた「里芋揚げ海老あんかけ」。カリッと揚げた里芋を海老と一緒にだし汁に浸けてとろみをかけた料理です。七本鎗を熱燗にして食べてみると・・・

うぎゃおおおおおおおおおおおおおおおッッ!!!ウマいーーーーーーー!!!

完璧です。これだよ、こういう感動が欲しかった!

ポイントは、里芋のホクホク感と七本鎗の分厚い旨味が、相乗効果でブワッと広がるところですね。もう素晴らしい。また里芋が油で揚げてあるのもいいんだ!お酒と料理の温度を合わせるのも重要だそうです。確かに違和感がなく、馴染む効果がありますねぇ。

アクセントとしては、海老とお酒にある酸味が仕事をしています。海老はしゃぶしゃぶみたいにサッと熱を通した状態でプリプリです。また七本鎗・無有の目立つ酸味が、口の中を軽くリフレッシュ。このおかげで、延々と食事を楽しめちゃいます。

僕個人の思いつきで、ゴボウと玉ねぎとニンジンを煮込んだごぼうスープにも合わせてみました。こっちは完璧とまではいきませんでしたが、なかなかグッドでしたよ。お酒の酸味のおかげで、玉ねぎとニンジンの甘味がくっきりと感じられたのが良かったですね。

◆ペアリングにハマると戻れない

いや~、これぞザ・日本酒ペアリング!と言いたくなるようなベストマッチな味わいでした。こういうの経験しちゃうと、もっといいペアリングはないのか?と探していしまいます。人の欲は深いですのう。

今まで、七本鎗のようなフルーティ感のない純米酒は、正直どう飲んだらいいのかわかっていませんでした。今回「こう飲めばいいのか!」というのが理解できて、嬉しかったですねぇ。僕は自宅飲み派なので、外で料理との組み合わせを教わる機会がありませんでしたから。「最先端の日本酒ペアリング」は教科書とさせていただきます。あー、次はどれを試そうかな~。

「七本鎗 純米 無有 H28BY」、穀類・根菜を使った料理にぜひとも合わせてみてください。新しい扉が開くと思いますよ!

IMG_4311
名称:七本鎗 純米 無有 H28BY(火入れ、1年半以上熟成)
精米歩合:60%
酒米:玉栄100%
酵母:協会9号
アルコール度:15%
日本酒度:+4.3
酸度:1.8
アミノ酸度:1.3(たぶん)
蔵元情報:冨田酒造 有限会社(滋賀県
購入価格(税込):1890円/720ml
購入日:平成31年4月29日
購入店いまでや銀座店(東京都中央区)