写真 2020-04-27 18 40 12 (1)
味わい:
火入れのアル添吟醸酒。フワッと甘いリンゴの香りにしっかり糖分を感じる甘いテイストが、THE・山形酒としか言いようがないパーフェクトさ。アルコールの刺激と苦味による強引なキレもまたよし。

僕の評価:70点/100点(日本酒飲みはじめの方におすすめ)

◆◆◆

米沢牛と温泉の国・山形のお酒をご紹介だぁ!「出羽桜(でわざくら) 吟醸酒 R1BY」です。蔵王温泉街サイコーですよ~。

言わずと知れた山形を代表する酒蔵の商品です。もちろん他に高木酒造があるのですが、入手しやすさや名前の華やかさ、テイストのわかりやすさを含めて代表と称していいでしょう!僕が許可します!(何様)今回は出羽桜らしさを味わえる吟醸酒を選んでみました~。

出羽桜は関東近辺ではスーパーやコンビニでも見かけます。このお酒も近所のスーパーで買ったのですが、なぜだか公式HPの商品リストに載っていません。同様に並べられていたオレンジ色ラベルの特別純米も未掲載なので、量販店専用商品なのでしょうかねぇ?

おそらく定番の吟醸酒「桜花」と中身が一緒だとは思います。もしかしたら火入れの回数が違うのかもしれませんね。ほら、量販店は過酷な環境だから、変化により強くしているのかもしれません。まあ、憶測ですが。

スペックですが全くわかりません。酒屋さん扱いのお酒じゃないと、調べるすべ無くなりますね。

アルコール度 15%
精米歩合 50%
日本酒度 不明
酸度 不明
アミノ酸度 不明
瓶火入れ、アル添、加水あり、吟醸づくり

精米歩合50%が目立ちますね~。税込1500円(4合)ぐらいだったはずですが、しっかり磨いています。吟醸香に無駄な香りが入らないようにとの配慮でしょうか。アルコール度15%も興味深い。酒販店向けなら16%が多くなりそうなジャンルのお酒なのですが、そこをあえて15%。う~ん、蔵元の考えが読めそうです。

飲んでみますか。

◆スィートな吟醸香は山形のトレードマーク

グラスに注いでみます(冷酒)。うん、透明ですね。アル添で加水の場合はやはりこうなります。ナショナルブランドのお酒もだいたいそんな感じです。

香りは・・・うほほ~い!甘ーーーい熟れたリンゴの香りですぞ~。山形酒はこうじゃなくっちゃ!

甘くてフルーティな印象の香りは、このお酒甘いでしょ!という予感をビンビン刺激しますね。いわゆるカプロン酸エチルという成分を主体とした匂いなのですが、これは山形の吟醸酒でよく見られるスタイルなのです。

飲んでみるとやっぱり甘いです。しっかり糖分がお酒に入っている感じ。しかしベタッとした印象はないです。これは加水が多いゆえの滑らかさですね。飲みやすいです。

味の後半は不意に苦味と刺激をともなった辛いキレがグワッときます。これは醸造アルコールが添加されたお酒の典型的な後味ですね。スッキリ感を演出しています。苦手な人はいると思いますが、口の中をリフレッシュし杯を重ねやすくする蔵元の設計ですね。

◆山形酒を世界に

まさしく典型的な山形酒でした。僕らマニアにとっては目新しさはないですが、量販店に置くならこういうお酒がいいですね。

出羽桜は海外への輸出も盛んらしいのですが、こういう常温流通可能なお酒を安定して供給できるところを見ると、さもありなんという感じです。応援しています!

「出羽桜 吟醸酒 R1BY」、山形酒を知るならまずここから、おすすめの1本です。