写真 2020-08-29 21 14 45
味の傾向:香りははっきりした清涼感のあるフルーティなタイプ。味は豊かで伸びのある甘みに程よい爽やかな酸味が混じり合うスタイル。後味がソフトで飲み疲れしないのが素敵な印象だ。

僕の評価:75点/100点(後味の上手さが好き)

◆◆◆

久しぶりの群馬のお酒のご紹介!「咲耶美(さくやび) 純米大吟醸 直汲み生原酒 舞風 R1BY」であります。甘口好きの間でここ数年話題になっている銘柄ですね。

このお酒はオール群馬認定酒だそうでして、群馬産酒米「舞風」、群馬開発清酒酵母「群馬KAZE酵母」、そして群馬の水で仕込まれています。群馬も頑張ってますね―。めざせ秘境の汚名返上!(「翔んで埼玉」を参照してください)

このお酒は直汲み生原酒だそうでして、おそらく無ろ過でもあるのでしょう。このスタイルだとピリピリした刺激を期待しちゃう濃厚な甘さが予感できますが、さてどうでしょうか?

スペックです。裏ラベルにしっかり書いてあって助かります。

アルコール度 16%
精米歩合 50%
日本酒度 +4
酸度 1.9
アミノ酸度 不明
純米、吟醸づくり、生酒、直汲み、無ろ過、原酒

アルコール度16%で原酒なので、発酵を途中で止めた低アルコールタイプであることがわかります。なので、お酒に残存する糖分は多いはず。しかし日本酒度が+4とあまり低くはありません。ほうほう、このバランスは珍しいです。酸度はセオリー通り高め。ほうほう。

さて、飲みましょう。

◆後味に注目!

冷酒でグラスに注いで色を見ます。ほう・・・あまり色がついていない。生酒なので緑っぽくはあるのですが、それも薄っすら。おやおや、意外です。糖分少ないのかアミノ酸少ないのか。出荷が7月のお酒なのですが、蔵元でほとんど熟成させていないのかもしれません。

香りはわかりやすくフレッシュ&フルーティ!いいですね~、リンゴやマンゴーの香り主体です。酸っぱい香りもあるのでパパイヤみたいに感じることもあるかも。この酸っぱい香りは酸度1.9からくる乳酸の香りですね。

飲みます。

おお~、厚みのある甘みに軽やかな酸味がバランスよくまとまっている!そして後味がソフトで心地よい!

甘みはしっかりあります。これはいかにも無ろ過生原酒な味わいです。しかし直汲み(お酒を搾って即瓶詰めしたお酒のこと)からイメージする炭酸ガスなどの刺激はないですね。これはロットのばらつきかもしれません。

それで、このお酒後味がいいんですよ。これだけ甘酸っぱいのにサラッとしている。ベタつかないんです。なのでたくさん飲む場合とか食中で飲むのにも適している。ただ甘いだけでくどいお酒はたくさんありますが、この咲耶美はこういうところにも目が行き届いています。

お酒の最終的な印象って後味で決まることが多いと思っています。皆さんはいかがでしょうか?

◆これから人気を獲得していけるかどうか

咲耶美はラインナップを見る限り無ろ過生原酒で推していく銘柄のようで、はっきり言って新鮮味はありません。ここ数年のよくある日本酒のスタイルと言えます。しかし、この舞風には非凡なものを感じましたね~。

日本酒が売れるかどうかはお酒の品質だけでは語れません。他の要素も重要です。しかしおいしくないお酒は見向きもされないのも事実です。さあ、咲耶美、この乱世にどういう活躍をみせてくれるか?期待したいですね。

「咲耶美 純米大吟醸 直汲み生原酒 舞風 R1BY」、無ろ過生原酒系のニューカマー、今後に期待です。