写真 2021-01-17 18 54 35
味の傾向:食用米でつくる精米歩合50%のアル添大吟醸。ふんわりしたフルーティな香りにスパイス感が混じる。味わいは淡い甘さがあるが、後味にアルコールからくる苦味刺激が目立つ。人を選ぶお酒だ。

合わせた料理:お寿司(失敗)

僕の評価:65点/100点(アルコールの苦味に慣れていないと辛い)

◆◆◆

当ブログでは珍しい岐阜のお酒をご紹介。「小左衛門(こざえもん) 大吟醸 火入れ」です!いやぁ、この銘柄飲みたかったんですわ。

小左衛門は僕が何度かオフ会を開催させていただいた三軒茶屋の銘店・赤鬼が、十四代と並んで大プッシュしている銘柄でして、飲ませていただいた限定のお酒はそりゃあおいしかったもんです。



今回は別のお酒をオンラインで購入する際に、1本だけ通販するのはもったいないなぁと思って探したら見つかったお酒です。大吟醸なのに4合瓶1375円(税込)というお値打ち価格!すごッ!

アル添のお酒で、かつ食用米である「あさひの夢」というお米を使っているからこそのお値段のようですね。即カートに入れましたよ!

スペックです。

アルコール度 15.5%
精米歩合 50%
日本酒度 ±0
酸度 1.3
アミノ酸度 0.8
アル添、火入れ、加水あり、吟醸づくり

甘めで酸味も旨味も少ないという大吟醸のお手本のような数値ですね。こうなると、どの程度アル添して加水しているかで印象が決まりそうです。どちらもお酒を水増しする要素なので、さじ加減は難しいのですがどうでしょうか?

飲んでみましょう~♪

◆アルコール感が目立つ味わい!?

いつもどおり冷酒でグラスに注ぎます。むむむ?けっこう黄色く色づいていますね。糖分多めのお酒とはいえ加水もアル添もしているのにこの色、強めに2回火入れしているのでしょう。苦味を予感させます。

香りはふわ~っと甘いフルーティな匂いがします。さすが大吟醸、ここらへんは抜かりないですね。とはいえアルコール度15%台なのでそこまで強くないです。ちょっとスパイシーな匂いも混ざってます。熟成香の1種ですね。

飲みます。

んん!?甘いけど、後味にアルコールの苦味と刺激がドバっと出てくる!!

典型的なアルコール感強めのアル添のお酒ですね。醸造アルコールの添加量と割水の加水量が多いお酒です!水で薄まってアルコールの味が浮き出ているんですね。

ちゃんと大吟醸らしいきれいな甘さがあるのですが、どうしても苦さが目立ちます。これが繊細な食事などでは邪魔になるんですね~。

大吟醸だから寿司!と意気込んで用意してみたのですが、魚の味がぜんぜん活かせませんでしたよ(泣)。

◆慣れている人向き

こういうお酒、純米のお酒に親しみすぎている自分にはちょっと辛かったですね~。けっこうあるんですよ、アルコールの苦さ隠さないお酒って。想像ですが、昔からアル添の日本酒飲んでいる方なら慣れた味なんじゃないかと。酒蔵もそういう客層に向けてつくっているのだと思います。

1375円というお値段も、食用米を使っているだけではなく、多めのアル添、多めの加水で実現したんでしょうね。どうりでお値打ちなわけです。小左衛門を楽しむにはちょっと選択ミスでしたね。

「小左衛門 大吟醸 火入れ」、格安だがハードル高い大吟醸でした。取り扱い、要注意です!