写真 2022-03-17 23 02 30
味の傾向:新潟を代表する銘柄の定番酒。華やかで軽やかな気持ちいい日本酒だ。メロンの香り、ほどよい甘さ、何杯も飲めちゃう軽さ!バランスのよさを楽しもう。

合わせた料理:網焼き厚揚げ+醤油しょうが、ごはん

僕の評価:70点/100点(まさにスタンダード吟醸酒)

◆◆◆

こんにちは、100%フルーツジュースは炭酸飲料並に糖分が過剰なデンジャラス飲み物と知ってガタガタ震えている神奈川建一です。

さて、久しぶりに新潟のお酒をご紹介。「〆張鶴(しめはりづる) 吟撰」であります!新潟の銘酒・〆張鶴の定番商品ですね。

このお酒は吟醸酒(吟醸づくりをしたアル添のお酒)というジャンルに分類されるものなのですが、最近の地酒屋さんでは絶滅危惧種になっている気がします。とにかく新商品は純米酒だらけですから、普通酒ならともかくアル添の高級酒なんて見ない見ない!

しかし普通の日本酒界(どこだよ)では吟醸酒はまだまだ現役で、特に新潟などではワンランク上のお酒としてそこそこのお値段がつくようです。この吟撰も一升瓶で3740円(税込)でして、わりといいお酒として扱われているのがわかりますね。

〆張鶴は新潟で一二を争う人気銘柄ですが、僕自身は年末に発売されるしぼりたて生原酒しかレビューしたことがなかったので、今回改めて定番酒を飲んでみたいと思います。

スペックです。

アルコール度 16%
精米歩合 50%
日本酒度 +4.5
酸度 1.2
アミノ酸度 不明
アル添、吟醸づくりあり、加水あり、火入れ

ポイントは精米歩合50%と酸度1.2でしょうか。お米を5割も磨いているので香りはエレガントな可能性が高いです。〆張鶴は王道なスタイルでお酒をつくりますしね。酸度1.2はアルコール度16%としてはかなり低い数値です。加水&アル添で酸味が増すとはいえ、相対的に甘みを感じる酒質になりそうですね。

◆これは淡麗辛口じゃないな!?

しっかり冷やしてグラスにそそぎます。あれ、わりと黄色い色が付いている!?別に熟成酒のような濃い色合いではないのですが、フツーに火入れ酒の見た目をしています。活性炭ろ過(新潟淡麗辛口の特徴の1つ)をほとんどしていないのでしょうか。

香りを確認。うわっ、きれいなメロンの香り!これは質の高そうな吟醸酒の予感がする!こりゃ本当にろ過をあまりしていないのですね。アル添らしくちょっとアルコールの香りが目立ちますが、ほとんど気にならないレベル。さすがです。

飲みます。

柔らかでしっかりした甘み、そして落ち着いた苦味がじんわりと広がる。ご飯と一緒に飲むと染み込むようにマッチする!

なああん?ハイスペック吟醸酒じゃないですか。自分がイメージする新潟の辛口とは違うぞ!!

精米歩合50%でアル添+加水なので全体の味わいは淡いのですが、はっきりした甘みがあり物足りなさはないです。じんわりした苦味はアル添と火入れ由来だと思いますが、ご飯などの食事に吸い込まれお酒のバランスをよくしてくれますね。

とっても王道のフルーティ吟醸酒でして、新潟というより宮城や福島みたいな印象です。〆張鶴ってこんななんだ?

料理はご飯と食べるものなら選ばない印象ですね。とはいえ塩味が強めの方がお酒の味にメリハリがついていい感じです。醤油とおろししょうがをたっぷりかけた厚揚げ焼きはよかったなぁ~。塩辛や酒盗など、塩っぱい珍味も間違いないでしょうね。

◆八海山、久保田とはずいぶん違うかも

てっきり新潟の吟醸酒なのだからキレッキレの辛口を想像していましたが、飲んでみるとバランスのよい軽めのフルーティ日本酒でした。八海山や久保田より鶴齢などのほうが近い印象ですね。

ただ、自分はシャープな辛口酒を期待して買ったので、この万人受けしそうな味わいがちょっと物足りなかったです。これは単なるミスマッチですので〆張鶴は悪くない。やはりもっとお酒を飲まないといけませんねぇ。

「〆張鶴 吟撰」、淡麗辛口というより軽やかなハイスペック吟醸酒という印象の新潟酒でした。どこに出しても恥ずかしくない食中酒です!