こんにちはー、お酒ミライの神奈川建一です。
resizeP1070386


皆さんは今まで飲んだことのないお酒を買うときって、何を基準にしますか?メディアの紹介、酒屋さんのお勧め、ジャケ買い、etc.etc.いろいろきっかけになる事がありますよね~。

その中でも僕は「友人のお勧め」を重視してます。やっぱり趣味を突き詰める時、頼りになるのは同好の友です!今回ご紹介する埼玉の地酒・亀甲花菱(きっこうはなびし)「純米吟醸 生原酒 雄町」は、埼玉在住の日本酒好きの友達から勧められた一品なのです。


だがしかし、同じ日本酒好きといえども、味の好みはそれこそ千差万別なのはご存じの通り。このことは、自分がいろいろな人にお酒を勧めてみて、ガチで実感しましたよ。ほんと、味覚の違いって不思議なもんですねぇ。昔は「俺の酒がまずいって言うのかぁ!!?」みたいなクズ発言をしたこともありますが、今ではすっかり「自分の舌と、相手の舌は別の生き物」というのをわきまえて活動しております、はいw

ただ、僕はそういった好き嫌いの差を含めて、友達の推薦酒って好きです。なぜなら「僕とは全く別の人間の彼・彼女は、いったいどういう日本酒の世界を見ているのだろう?」そんな疑問に答えるヒントが見つかる気がするからです。こういうのって、ワクワクしませんか?


さて、そんなオススメ酒の亀甲花菱「純米吟醸 生原酒 雄町」、さっそく飲んでみましょう!

resizeP1070375


渋いイエローの単色ラベル。しかし、明るい色好きの僕は、こういう単色ラベル、実に好みです。
そしてやっぱり初体験のお酒は雄町(使われてるお米の名前)を選んでしまう僕。大好きです、雄町♪

resizeP1070380
短冊形のラベルに「無濾過中取り」の表示。これに日本酒オタクは弱いんや・・・。


パキョッ、トクトクトクトク・・・・・、ぐい、ゴクリ


むおおお!?こ、この香りは・・・・ナッツ味の白ワインのようだ!いや、そんなワインないけど、そんな感じ!伝わって、僕のフィーリング!これは「新政 No.6 S-Type」とは違ったエレガントさです。

そして飲んでみると・・・・ををををッ!?チョコレート味!!これは、楽しいぞぉ!

酸味は薄く、フレッシュさもないので、爽快感を楽しむ新政と違って、こちらは食後酒に向いてる印象です。しかし、このお菓子を思い出させる味、凄いなぁ。いったいどうやって造ってるのでしょうか。

間違いなくワイングラスで飲むのを推奨します。その香りの複雑さ、ぜひ味わってもらいたい。温度はやはり冷酒がベスト。開栓後一週間ぐらいして、常温近くにしたら、かなり辛さが目立ちました。これは劣化だったのかな?吟醸酒で生酒だと、そこはしょうがないですね。

resizeP1070371

このチョコレート味、ナッツの香りというもの、実は複数の銘柄で体験しておりまして、その強烈な体験が忘れられません。岐阜の「射美」、山形・十四代の大吟醸「双虹」、和歌山の「龍神丸」(先代)などですが、はたしてどういうつながりがあるのか・・・実に不思議です。香りはもちろん化学成分のせいなんでしょうけど、ごく一部の銘柄で共通のテイストが出現する。うーむ、日本酒はまだまだ謎が深いです!

いやあ、今回の友人のおすすめ酒は大当たりでしたね!こういうことがあるから、人の推薦はつい惹かれてしまいます。ま、大失敗することもありますけどね!w


実は隠れた日本酒王国・埼玉の地酒「亀甲花菱 純米吟醸 生原酒 雄町」、その素敵なお菓子テイストに興味があったら、ぜひ飲んでみてください!!

resizeP1070385
名称:亀甲花菱 純米吟醸 生原酒 雄町(無濾過生原酒中取り) 
精米歩合:50%
酒米:雄町
アルコール度:17%~18% 
日本酒度:不明 
酸度:不明 
蔵元情報:清水酒造株式会社 
購入価格(税込):1944円/720ml 
購入日:平成28年5月22日 
購入店:一石屋酒店(店頭)


購入アドバイス

かなり生産量が少ない蔵元のようで、流通量は少なく、売ってるお店も少ない。とはいえプレミア酒ではないので、近くで見つからなければ、素直に通販でもいいだろう。こういう時、Google先生頼りになる。僕も店頭で見かけるまで、随分かかりました。こういう時、せめて蔵元さんは特約店だけでもネットに公開してくれないかなぁと思います。ほんと、それだけでいいですからw


オススメ酒販店

一石屋酒店
今回の購入店。近年ますます観光客だらけになってる、中華街のオアシス。いや、肉まん好きですけど!しかし、中華街で日本酒購入する飲食店あるのかな?日本酒の揃えは渋く、玄人好みしそうなお酒がズラリ。ゆったりした店内と、静かな空気が心地よいです。横浜に遠出するときはぜひ訪れてみてください。