写真 2023-01-03 20 48 42
味の傾向:長野の人気銘柄の定番酒。香りはメロン、ヨーグルト、バターが上品に混ざった印象。味はしっかり甘く、微炭酸や酸味渋味が軽快感を出している。シュワシュワジューシーですごく飲みやすい。

合わせた料理:ブルーチーズ、厚揚げとチンゲンサイの煮込み

僕の評価:75点/100点(流行ど真ん中の味わい)

◆◆◆

こんにちは、10円でも安く卵やバナナを買うためにスーパーをはしごするようになった神奈川建一です。主婦か。

今回は長野のお酒をご紹介!「信州亀齢(しんしゅうきれい) 純米 ひとごこち 火入れ R3BY」です~。すっかり人気銘柄になりましたね。僕はたまたま買えました。

人気銘柄のお酒がほしい人からするともっと販売量増やして!と思うところですが、これがなかなか難しいんですね。なぜなら安易に増やすとお酒の味が落ちるからです。吟醸酒ブーム(バブル期)にはそういう蔵がいくつもあったそうですよ。

なので信州亀齢も入手しにくい状況が続くと思いますが、あせらず機会を待ちましょう。どんなお酒もいつかは買えるものです。幸い信州亀齢は飲食店では飲める機会が多いので、そこでまずは飲んでみることをおすすめします。

スペックを確認しましょう。

アルコール度 15%
精米歩合 70%
日本酒度 不明
酸度 不明
アミノ酸度 不明
純米、吟醸香あり、加水あり、火入れ

加水ありのアルコール度15%ということで、ごく普通の純米酒と言えます。興味深いのは精米歩合70%でして、あまり磨いていないお米を使って醸造しているようです。雑味や邪魔なにおいが出はじめる歩合ですが、どうコントロールしているのか注目です。

◆シュワシュワ気持ちいい~

しっかり冷やしてグラスにそそぎます。色は少しにごっていますね~。無ろ過に近い状態です。お酒のエキス感の強さを予感させます。全体はうっすらイエローのトーン。火入れだとわかりますね。

香りを確認します。おお、上品ないい香りですよ~。メロン、ヨーグルト、バターなどの食欲をそそるにおいがほんのりと香ります。全体としてはおだやかですね。食事に無理なく合いそうです。

飲みます。

ジューシーな甘味が最高!シュワシュワで引っかかりもなく、まさにお米のジュース!

めっちゃ丁寧な吟醸酒ですね!精米歩合の高さを感じさせない完成度です。

甘~い味わいにノリノリの微炭酸と酸味渋味が混ざり合って実に軽快。まさに流行りの味わいです。好きな人多いでしょうね。

アルコール度15%なので苦味はあるのですが最小限です。これで14%でしたらもっと飲みやすいでしょうけど、15%なのは飲みごたえのためなのでしょうか。興味深いですね。

味わいがバランスよく、ほどよく加水で薄まっているので料理は選びません。ダシと醤油を使った厚揚げの煮浸しにも簡単に合う。食中で飲んでも単独で飲んでも満足できるでしょう。信州亀齢の実力と人気がわかるお酒ですね。

◆これからの進化に期待

なるほどこれは人気になるわ!ということがよ~くわかるお酒でした。今後はぜひ業界を引っ張るような人気銘柄になってほしいですね。今後どう味わいが変わっていくか、注目です。

ちなみに開栓後3週間目ぐらいからバターのにおいが強めになってバランスが変わってきました。このあたりは精米歩合の影響かなと思います。なので2週間ぐらいで飲み切るようにするのがおすすめです。

「信州亀齢 純米 ひとごこち 火入れ R3BY」、単独でも食中でも楽しめる優等生です。見かけたらぜひ買いましょう!

写真 2023-01-03 20 48 28