こんにちわー。お酒ミライの神奈川建一です。

今回ご紹介する日本酒はこちら!


resizeP1020286



栃木の新進気鋭の酒蔵・仙禽の冬限定アイテム「雪だるま」です。


ぺろっと書かれた雪だるまのイラストがキュートでしょ~。名前の通り、瓶の中も真っ白でとっても綺麗♪ しかし、騙されてはいけない、こやつは純米大吟醸規格な上に、活性にごりだ!どんな悪さをするかわからないぞ!

すみません、冗談ですw




このお酒はにごり酒と言われているもので、いろんな日本酒の蔵が同様の製品を出してますが、多くが冬の時期に出ます。それは日本酒は基本的に冬にできあがるからなのです。

できるタイミングとにごり酒がどう関係あるのかって?

ありありなんですよ~。

日本酒は、もともとは白くにごってまして、これを綺麗にろ過したのが、通常僕らが目にする綺麗な日本酒なんですね。にごり酒はそれを意図的に荒くろ過して、にごりを残したものなのです。そしてその工程を行うのが、できたての時期である冬場なんですね。なので、新酒(その年初めてのお酒)が出荷される時期にはにごり酒も多く並ぶのです。

味については、残ってるにごりの部分がとてもクリーミーなので、甘く飲みやすい物が多いです。コーヒーで例えるなら、澄んだ清酒はブラックコーヒー、にごり酒はミルク増し増しなカフェオレといったところでしょうか。

日本酒マニアは、店頭ににごり酒が並ぶと新年を感じ、とても穏やかな気持ちになるそうです。え、元旦?飲み過ぎで記憶ないに決まってるでショ!



さて、この「雪だるま」は仙禽が昔から販売している定番商品。僕の話をすると、数年前に高円寺の名店「あぶさん」で貝を刺身にして飲んだのが馴れ初めです。その時の雪のような肌触りが忘れられず、やっと購入できました~。







では、飲んでみます。おお、恐ろしく真っ白です。しかもきめ細かい~。牛乳みたい。

・・・・・・・プチプチ微発泡感があり・・・・・・・うまいぞおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!

なにこれ、こんなお酒初めて!!



まず甘くありません!凄くサラッとしていて、むしろひんやり感すらあります。常温で飲んでも冷たさがあるというか。にごり酒なのに、コクとか旨味よりも清涼感の方がまさるとは。しかもミントみたいな味もするんです。そうだ、あれです、カルピス!このお酒は「カルピスから甘さを抜いてアルコール足して、ミントをふりかけた」味です!長ぇ!でも、そのぐらい面白くて、おいしいお酒ですよ!あ、炭酸感あるから、カルピスソーダですね。



うおお、さすが味の魔術師・仙禽酒造(僕命名)、まるで日本酒じゃないような味ですが、しっかり日本酒の味でもあります。しかも飲みやすい。毎年あっという間に売り切れてしまうのもうなずけます。仙禽の入魂の楽しいお酒「雪だるま」、見つけたらぜひ飲んでみてください~。



resizeP1020289




名称:仙禽 雪だるま(にごり酒)
精米歩合:50%
酒米: ドメーヌさくら・ひとごころ(栃木県さくら市産)
アルコール度:12%
日本酒度:-20
蔵元情報: 株式会社せんきん
購入価格(税込):3132円/1800ml
購入日:平成27年12月8日
購入店:sake芯



入手方法アドバイス
仙禽の特約店ならばほぼ入荷するようなので、地元やネットであらかじめ探しておくといいです。ただ仙禽の中でも人気商品なので、完売は早い。メルマガや直接お店の人にたずねるなど、努力は怠らないように!情報戦は戦場の基本! 27年には数回出荷があったようです。

オススメ販売店

佐野屋
安定の通販専門店。売り切れも早いから注意。

sake芯
最近お世話になっているお店。お酒の紹介が面白くて、メルマガもオススメ。
 



Twitterやってます。お気軽にフォロミー!
神奈川建一(@KanagawaKenichi) 

お酒ミライのFacebookページはこちら。いいね、もらえると喜びます!

Instagram始めました
神奈川建一