神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:長野の日本酒

味の傾向:アルコール度17%の無ろ過生原酒。原酒としては低い度数だが、しっかりピリピリした刺激がくる元気がいいお酒だ。甘さや酸味、苦味などの味わいがどれも適度で、バランスよく仕上がっている。お酒単独で飲み続けられる、満足感たっぷりの1本である。合わせた料 ...

味の傾向:あの真澄が長野県のスーパー・ツルヤのためにつくったPB商品。アルコール度13%という低アルコールなのだが、流行の甘口低アル原酒ではなく、むちゃくちゃ味の薄い食中酒だ。酸味がややあるが、甘さも苦さもすごく少ない。料理を支える黒子のようなお酒である ...

味の傾向:夏頃に出荷される生酒の純米にごり酒。アルコール度が17%と高めかつオリがめちゃくちゃ濃いというアクの強いお酒だが、丁寧につくられており飲みやすい。派手さはないのだが細部に気を配られており、いぶし銀の脇役酒と言えるだろう。僕の評価:70点/100点 ...

味の傾向:長野県の蔵元がつくるどぶろくのお酒。6%の低アルコール度、清涼感ある酸、程よい甘みにトロトロの舌触りと、爽やか系どぶろくとして丁寧にまとまっている。このお酒を苦味のあるサラダと合わせると、驚異の相性が待っているぞ。合わせた料理:ビーツ・オクラ・ ...

味の傾向:辛口と名付けられているが、爽やかな酸味があるドライな純米酒。この銘柄特有のミントやハッカを思わせるヒンヤリとした味が、十分に楽しめるエントリーモデル。精米歩合70%由来の濃いうま味やアルコール感のおかげで、やや重く仕上がっている。おすすめシチュ ...

↑このページのトップヘ