お酒ミライ 日本酒レビューブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:静岡の日本酒

味の傾向:甘~い飲みくちに雑味が混じる、軽やかな日常酒。単純な味の評価はイマイチだが、なぜかグイグイお酒が進んでしまう。飲んでも飲んでも味は濃くならず、気分は晴れやかだ。お酒に慣れてくるほど、良さが実感できる味。おすすめシチュエーション:個人的には苦味が ...

味の傾向:山田錦100%と醸造用アルコールが、まるでキャンディーのような酸味のある甘さを作り出す静岡流普通酒。口当たりはずっしり重い甘さを、喉越しはきっちり辛い爽快感を楽しめる。おすすめシチュエーション:アル添普通酒らしく、料理・飲むタイミングを選ばない ...

味の傾向:甘味とうま味がとても少ない、酸っぱ苦い系熟成酒。かなり人を選ぶと思う。ポイントは明治初期のお酒再現を目指したというところで、そこを込みで楽しむお酒。低精白、低アルコール、高酸度、3年古酒と、あらゆるスペックが普通じゃないので、他の日本酒とは区別 ...

味の傾向:重量感ある甘さが特徴の普通酒。口当たりのお米の甘味はさすがの一言だ。普通酒らしく醸造用アルコールの存在感は大きいが、それを飲みやすさにつなげてる。新潟の普通酒とは違う、静岡らしい晩酌酒だ。おすすめシチュエーション:温度は冷酒か熱燗で。常温はアル ...

味の傾向:甘さの中に薬味っぽい苦さがある、典型的なコクがある山廃系純米酒の味。その中で目立つ強い酸味がうまい!この味のおかげで、甘味も苦味も際立ち、派手な味のパレードを楽しめる。この酸味は強烈で、後半辛さにかわりつつ舌をチリチリ刺激するほどだ。おすすめシ ...

↑このページのトップヘ