神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:東北の日本酒

味の傾向:熟成した米焼酎を日本酒に添加してさらに熟成したお酒。アルコール度19%台から生まれる味と香りは強烈の一言。しかし、それ以外の味わいは整っており飲みやすい。個性的だがよくできている。僕の評価:70点/100点(評価困るんですが、狙い通りつくれてい ...

味の傾向:秋田の高清水の限定品。1年寝かせたアルコール高めの原酒で、熟成が見事にキマっている秀作だ。甘すぎず苦すぎず、そして非常に滑らか。派手なスペックからは想像できない落ち着いた味わいが魅力的である。僕の評価:80点/100点(味わいの複雑さを楽しめる ...

味わい:火入れのアル添吟醸酒。フワッと甘いリンゴの香りにしっかり糖分を感じる甘いテイストが、THE・山形酒としか言いようがないパーフェクトさ。アルコールの刺激と苦味による強引なキレもまたよし。僕の評価:70点/100点(日本酒飲みはじめの方におすすめ)◆◆◆ ...

味の傾向:新政がつくる定番の火入れ純米酒。程よい甘さを支える酸味が秀逸。そしてその甘さと酸味は驚異的なスムーズさで最後まで続く。アルコールの刺激はなく、お酒であることを忘れてしまうぐらいだ。僕の評価:90点/100点(2年前よりさらにおいしくなっている。 ...

味の傾向:あの高木酒造の地元用銘柄の新酒バージョン。香りも味も主張しないザ・食中酒だけど、その凄さは隠しきれない。程よい甘さにちょっと目立つ酸、そしてまろやか~な滑らかさが最後まで続く。こののど越しこそが高木酒造の証である!僕の評価:85点/100点(ほ ...

↑このページのトップヘ