神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:東北の日本酒

味の傾向:新開発の秋田産酒米を使って爛漫がつくるお酒の第2弾。香りは淡い印象で控えめにフルーティ、控えめに爽やか。味わいはトロリとした舌触りだが甘さはほどほどのバランスでやさしい。刺激的な後味が若々しい、キレのよいお酒だ。僕の評価:75点/100点(百田 ...

味の傾向:秋田の大手酒蔵・爛漫の新商品。新開発の県産米「百田」を使用しているところがセールスポイント。やや抑えた爽やかな印象の香りに控えめなフルーティな香りが混ざる。しっかりとしているが穏やかな甘みと強くシャープな印象の酸味が混ざって甘酸っぱい雰囲気の味 ...

味の傾向:山田錦を使った一回火入れの定番酒。香りは華やか、フルーティ、爽やかと三拍子そろったバランスのよい吟醸香。味わいはソフトな口当たりの甘みが中心で、ピーチ、マスカット、ライチのような酸味もある万人受けするテイスト。十四代の良さがたっぷり味わえるぞ。 ...

味の傾向:高級な地酒で主流の瓶内二次発酵ではなく、炭酸ガス充填という簡易な方法でつくられたスパークリング日本酒。香りは甘さを予感させるフルーティなタイプだが穏やか。味わいはシンプルかつ強めの甘さを炭酸の爽快感で支えている。後味に苦味が目立つところは好みが ...

味の傾向:山形県の開発した酒米を使った純米大吟醸。香りは飴のようで味わいは蜜のようという、めちゃくちゃ甘いお酒、しかしそれが驚くほどうまい!過剰な糖分が美しく喉を流れていく様は奇跡の瞬間である。合わせた料理:タコとポテトのガーリック炒め、塩ダレ冷奴僕の評 ...

↑このページのトップヘ