神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:関東の日本酒

味の傾向:爽快感を生むことにふりきった真夏用日本酒。ものすごーく甘くて、ものすごーく酸っぱいというとってもわかりやすい1本だ。苦味を減らしたり、飲みづらさを無くす調整をしていたりと、細部に気を使っているのが嬉しい僕の評価:75点/100点(派手だけど飲み ...

味の傾向:アルコール度が17%ある純米吟醸酒。フルーティかつ爽やかな香りから想像できる通り、味わいもさらりとしていてスッキリ。まさに理想の食中酒だが、17%の度数が酒に厚みを与えている。重めの料理もこなせるポテンシャルがあるぞ。僕の評価:70点/100点 ...

味の傾向:茨城県内でほとんど消費されてしまう隠れた銘酒。純米生酒のこのお酒は穏やかな香りと苦味が特徴だ。この苦味は食中ではフワリと消え、料理に合わせて酸味や甘味が絶妙なバランスで主張してくる。僕の評価:75点/100点(晩酌派の人は見かけたら、ぜひ自宅で ...

味の傾向:特許技術でつくられた桃のリキュール。香りも味わいも完璧に桃そのもの。さらにアルコールが果実感を加速させるので、他の日本酒が霞むほどのインパクトを持つ凄いお酒になっている。僕の評価:80点/100点(飲んで即うまいと叫びたくなる傑作です)◆◆◆今日 ...

味の傾向:2年熟成の純米酒。旨味が少ないため、熟成酒特有の苦味がガッツリ舌を刺激してしまいツラい。燗冷ましをすると酸味が伸びやかになり、苦味とバランスを取って気持ちよく飲めるぞ。僕の評価:65点/100点(完全に上級者向き。僕程度じゃポテンシャルを活かしき ...

↑このページのトップヘ