神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:甲信越の日本酒

味の傾向:長野県の酒蔵がつくる素朴な本醸造酒。ろうや樹脂のような匂いにアルコール感が混じる香りはクラシックな本醸造そのもの。しっかりとして厚みのある甘味が基本であり、後味にアルコール感ある苦味と刺激が出てくる。グラスよりコップで飲むのが似合うほっこりした ...

味の傾向:新潟の温泉宿と酒蔵がコラボした商品。一段仕込みからつくられる低アルコールと甘い酒質に、生酒とにごり酒の爽やか~な味わいがプラスされて、めちゃくちゃ爽快なお酒になっている。これほど説明しやすい味はそうそうないぞ。僕の評価:80点/100点(味のわ ...

味の傾向:八海山が手掛ける新しい熟成酒。雪で低温に保たれた貯蔵庫において3年寝かした日本酒だ。糖分多めから生まれる甘さは、軽やかで滑らかな味わいで最高。が、後半強い苦味と刺激が出ていまい、その味わいを壊してしまう。これはいけない。僕の評価:60点/100 ...

味の傾向:日本酒もつくる長野の有名ワイナリーの白ワイン。お求め安い価格が魅力だ。香りは派手なハーブやネギの印象はなく穏やか、味わいは柑橘、というより梅干し!出汁感が半端ない。これほど和風なワインがつくれるなんて驚きである。僕の評価:ワインなので評価なし。 ...

味の傾向:新潟の八海山がつくるアル添の吟醸酒。八海山の技術力が発揮されていて、とにかく見事。水と醸造アルコールで薄まった水っぽいお酒なのに、不思議と甘みとふくよかさを感じる。これで飲みやすいんだから、鬼に金棒だ。僕の評価:85点/100点(設計が完璧すぎ ...

↑このページのトップヘ