神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:近畿の日本酒

味の傾向:不老泉がつくる2年熟成の普通酒。香りははっきりとした漬物・カラメルの印象があるが穏やか。味わいも柔らかく、控えめな落ち着いた甘さにほのかな苦味や酸味が交じる程度だ。どんなシチュエーションでもリラックスして飲むことができるだろう。僕の評価:70点 ...

味の傾向:あの大手酒蔵がつくる若手メイン企画酒。熟れたりんごを思わせる甘くてフルーティな香りがほどよく漂う。アルコール度15%の原酒で仕上げた味わいは、酸も刺激も抑えたまろやかなスタイル。上品にまとまっており食中に最適だ。僕の評価:70点/100点(おい ...

味の傾向:飯米を使った無ろ過原酒の特別純米。香りはバナナを思わせるフルーティな印象だが穏やか。飲んでみると濃い甘さがあるがそれ以上に強烈な酸味が存在し、突き抜けた印象の味わいだ。味のバランスはよく飲みやすい。ワインともイメージが違う酸っぱいお酒だ。僕の評 ...

味の傾向:月桂冠が新発売したカップ酒シリーズの第4弾。控えめな香りは甘酸っぱいフルーティな雰囲気で、プラムやマスカットの印象。アルコール度をやや低めに抑えた味わいはほんのりと甘く、しっかりとした若々しい酸味がまるでフルーツジュースのようだ。僕の評価:80 ...

味の傾向:奈良の蔵元がつくる純米大吟醸。アルコール度が低い甘酸っぱい吟醸酒だが、最大の特徴は舌触り。8ヶ月の熟成期間で生まれたトロリとした滑らかさが甘さと酸味に混ざり合って激うまアルコールドリンクと化している。危険だ。僕の評価:85点/100点(滑らかさ ...

↑このページのトップヘ