神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:近畿の日本酒

味の傾向:奈良の蔵元がつくる純米大吟醸。アルコール度が低い甘酸っぱい吟醸酒だが、最大の特徴は舌触り。8ヶ月の熟成期間で生まれたトロリとした滑らかさが甘さと酸味に混ざり合って激うまアルコールドリンクと化している。危険だ。僕の評価:85点/100点(滑らかさ ...

味の傾向:月桂冠の新しいカップ酒シリーズ・THE SHOTの第3弾。名前の通りにごり酒だが、澄んだ味わいで雑味が少なく、現代的な印象になっている。アルコール度13%だが意外と刺激・苦みが強く、後半ガツンとくるぞ。酒呑みも納得の飲みごたえだ。僕の評価:75 ...

味の傾向:飲み屋でもよく見かける300ml瓶の定番酒。単独で飲むとめちゃくちゃ薄味で困ってしまう。しかし、食事と一緒だといい働きをするお酒。澄んだアルコールの味わいの中に綺麗な甘味がじわりと広がる。ガッツリとした夕食と一緒に飲もう。合わせた料理:和風じゃ ...

味の傾向:不老泉の酒蔵がつくる珍しいにごり酒。生酒なので爽快な味かと思いきや、旨みたっぷりの濃厚系日本酒だ。酸味も苦味も十分あるが、その旨みとにごりのテクスチャーのおかげで飲みやすい。濃いお酒が好きな人はぜひどうぞ。僕の評価:75点/100点(極端な味か ...

味の傾向:あの衝撃のパック酒・ギンパックの純米酒版。明確に甘口だったギンパックと比べると、ぐっと甘さ控えめになり酸味が目立つすっきりした味わいに変わっている。香りもバナナ系の爽やかなタイプになり、ギンパックとは異なる。別のお酒になった印象だ。僕の評価:7 ...

↑このページのトップヘ