神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:中国の日本酒

味の傾向:広島の酒蔵がつくるアルコール度17%の無ろ過生原酒。濃厚な味わいだが意外なほどすっきりしており、後味の爽やかさは特筆もの。そのため食中酒として優れていて、濃い料理にも負けない味わいとなっている。合わせた料理:オムライス、ペペロンチーノ、ナポリタ ...

味の傾向:島根の王祿がつくる低精白の純米酒。高いアルコール度と組み合わさったシャープな苦味がかっこいい王祿らしいお酒だ。ただ甘さもかなりあるので、飲みやすさは抜群。食事にも無理なく合わせられる良酒である。僕の評価:80点/100点(さすが王祿と言わんばか ...

味の傾向:新規高級日本酒ブランドが初めて発売した商品。濃厚な色のつき具合と、香り高く刺激的な匂いが期待をあおってくる。味わいも濃厚で蜜のように甘い。そしてオレンジピレーのような苦さとピリピリくる刺激のハーモニーが混ざり合ってド派手な味わいをつくりあげる! ...

味の傾向:典型的な大吟醸のいいところ(香りや甘味)に加えて、酸味や苦味を伴った重厚なうま味が楽しめる、東洋美人らしさ溢れる純米大吟醸。蔵のいいところがこれだけ詰まっているのにも関わらず、極めてリーズナブルなお値段は素晴らしい。入門用に最適だ。おすすめシチ ...

味の傾向:フレッシュな生原酒なのに、軽やかで甘味がとっても控えめ、うま味と酸味主体の個性派食中酒だ。こういうお酒はなかなか無いので実に面白い。軽いのでスルスル飲めてしまう。アル度18%のせいか、味の最初から苦味がのってしまっている点だけが問題。おすすめシ ...

↑このページのトップヘ