お酒ミライ 日本酒レビューブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:新潟の日本酒

味の傾向:新潟の〆張鶴が出す冬季限定の日本酒。アルコール度20%という強烈なスペックから生まれる味わいは、ミントの清涼感とシロップの甘さが高密度のアルコールに混ざってヤバさ抜群である。それでいて味が整っていて飲みやすく、これ以上にないぐらい危険なお酒とな ...

味の傾向:あの千寿を純米酒化した新商品。香りは爽やかに、味わいも酸味豊かでドライな印象に変わっている。特に口当たりから飲み込むまでの味わいの変化が柔らかで自然だ。アル添にありがちな強いアルコール感が苦手な人にもおすすめな淡麗辛口酒である。僕の評価:75点/ ...

味の傾向:大人気銘柄である久保田の売れ筋商品である吟醸酒。綺麗にろ過された淡麗な味わいだが、最大の特徴は口当たりのまろやかな甘さ。酸味が少ないので糖分少なめでも甘さの存在感があり、飲んでて非常に心地いい。僕の評価:80点/100点(この値段にこの味わい。そ ...

味の傾向:菊水がつくるスッキリ辛口な吟醸酒。いわゆる新潟のお酒でありがちなタイプのお酒であり蔵元もそれを狙っている。しかし、それでも菊水らしさがハミ出ていてそこがファンには楽しいところではないだろうか。入手しやすさと美しい専用ボトルも長所。僕の評価:70 ...

味の傾向:菊水ふなぐちをそのままスパークリングにした新商品。なんとアルコール度19%もそのまま。飲んでみると炭酸はそれほど強くなく、ノーマル版より甘めでまろやか。乾杯に向いているだろう。食中ではアルコール特有の苦味が目立つので、要注意。僕の評価:70点/1 ...

↑このページのトップヘ