神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:秋田の日本酒

味の傾向:秋田の高清水の限定品。1年寝かせたアルコール高めの原酒で、熟成が見事にキマっている秀作だ。甘すぎず苦すぎず、そして非常に滑らか。派手なスペックからは想像できない落ち着いた味わいが魅力的である。僕の評価:80点/100点(味わいの複雑さを楽しめる ...

味の傾向:新政がつくる定番の火入れ純米酒。程よい甘さを支える酸味が秀逸。そしてその甘さと酸味は驚異的なスムーズさで最後まで続く。アルコールの刺激はなく、お酒であることを忘れてしまうぐらいだ。僕の評価:90点/100点(2年前よりさらにおいしくなっている。 ...

味の傾向:冬に販売される季節限定の本醸造。アルコール度19%のしぼりたて生原酒という激しいお酒だが、飲んでみると意外と落ち着いている。そして強烈な辛さ!糖分なんて存在しないんじゃないかと勘違いするほどである。僕の評価:75点/100点(かなり極端だけど、 ...

味の傾向:リーズナブルな価格で販売されている本醸造酒。ふわっと香るフルーティな香り、甘い柔らかい口当たりにスパイス的な苦味酸味がキリッと〆てくれる、ザ・秋田の日常酒とも言える味わいの1本だ。熱燗にするとより一層まろやかになるぞ。僕の評価:75点/100点 ...

味の傾向:酒屋さんが蔵元に特別につくってもらっている限定の日本酒。アルコール度16%だが香りも味わいも柔らか。フワフワしたとらえどころのない甘さを、芯の通った酸味がビシッとしめてくれる。わかりやすくおいしく、ハイレベルなお酒だ。僕の評価:80点/100点 ...

↑このページのトップヘ