お酒ミライ 日本酒レビューブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

カテゴリ:秋田の日本酒

味の傾向:酒屋さんが蔵元に特別につくってもらっている限定の日本酒。アルコール度16%だが香りも味わいも柔らか。フワフワしたとらえどころのない甘さを、芯の通った酸味がビシッとしめてくれる。わかりやすくおいしく、ハイレベルなお酒だ。僕の評価:80点/100点 ...

味の傾向:2月に搾ったお酒を生のまま11月まで寝かせて出荷した純米大吟醸酒。生酒のフレッシュ感と熟成酒のコク・苦味が同居する不思議なお酒。基本甘口でそこに強めの酸味がのってくる味わいだが、苦味やアルコール刺激の影響で単純な甘酸っぱいテイストになっていない ...

味の傾向:一升2000円前後で買える秋田の普通酒。名前の通り熱燗が素敵な一品だ。口当たりの甘さや後半の辛さはほどほどに抑えられていて、昔ながらの晩酌酒でありつつも今風にアップデートされている。モダンとクラシックの融合が見どころのお酒だ。合わせた料理:マグ ...

味の傾向:元禄仕込みという新政ならではのマニアックな製法でつくられた生酒。糖分をメインとした日本酒のエキス分がたっぷり感じられる濃厚な1本だ。オーク樽にて熟成されたこのお酒は香りからして大人の雰囲気ムンムンで、バニラ、チョコレート、エスプレッソなどを連想 ...

味の傾向:新政の生酒シリーズであるNo.6の特別醸造酒。菩提もとという古い仕込み方で醸したお酒である。数値的にはいつもの新政なのだが、甘み・酸味・苦み・旨みのバランスがヘンテコで戸惑ってしまう。まずいわけじゃないので不快ではないのだが、どう飲めばいいか判 ...

↑このページのトップヘ