神奈川建一のお酒ブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

タグ:新政

味の傾向:生産方法を変更して価格が安くなった新政の火入れ酒。アルコール度13%の原酒で甘口という最近珍しくもないスタイルだが、圧倒的にうまい。甘さは華やかだが落ち着いていて、苦味と酸味が13%とは思えない飲みごたえをつくっている。まさに傑作。合わせた料理 ...

味の傾向:新政がつくる定番の火入れ純米酒。程よい甘さを支える酸味が秀逸。そしてその甘さと酸味は驚異的なスムーズさで最後まで続く。アルコールの刺激はなく、お酒であることを忘れてしまうぐらいだ。僕の評価:90点/100点(2年前よりさらにおいしくなっている。 ...

味の傾向:元禄仕込みという新政ならではのマニアックな製法でつくられた生酒。糖分をメインとした日本酒のエキス分がたっぷり感じられる濃厚な1本だ。オーク樽にて熟成されたこのお酒は香りからして大人の雰囲気ムンムンで、バニラ、チョコレート、エスプレッソなどを連想 ...

味の傾向:新政の生酒シリーズであるNo.6の特別醸造酒。菩提もとという古い仕込み方で醸したお酒である。数値的にはいつもの新政なのだが、甘み・酸味・苦み・旨みのバランスがヘンテコで戸惑ってしまう。まずいわけじゃないので不快ではないのだが、どう飲めばいいか判 ...

味の傾向:白麹で仕込んだお酒に、更に他のお酒を再仕込みしたハイブリッド貴醸酒。新政らしい甘酸っぱい味わいだが、最大の特徴は過剰とも言える糖分の甘さ。存在感がたっぷりあるので、独特のトロリとした舌ざわりが美味である。僕の評価:80点/100点(新政の味が2倍 ...

↑このページのトップヘ