お酒ミライ 日本酒レビューブログ

日本酒を気軽に親しみやすく、を目指してレビューなどを書いていきます

タグ:純米大吟醸

味の傾向:年末に販売されるお買い得な29%精米の純米大吟醸。最大の特徴は超滑らかな舌触りである。トロトロ感とふわっとした軽さが信じられないほど心地よい。味わいは淡い甘さで、飲みきった後のフィニッシュに苦味と刺激が存在しない。とんでもない1本だ。僕の評価: ...

味の傾向:2月に搾ったお酒を生のまま11月まで寝かせて出荷した純米大吟醸酒。生酒のフレッシュ感と熟成酒のコク・苦味が同居する不思議なお酒。基本甘口でそこに強めの酸味がのってくる味わいだが、苦味やアルコール刺激の影響で単純な甘酸っぱいテイストになっていない ...

味の傾向:雄町を使った醸し人九平次の最高峰。開栓直後からおいしく、2ヶ月経ってもその味は十分維持される。明確な苦味があるので単独で飲むのには向かないが、食中では微細な酸味が食事を引き立てて心地よい。綺麗な食中酒だ。僕の評価:80点/100点(特徴的な苦味は ...

味の傾向:あの醸し人九平次のフラッグシップ純米大吟醸。開栓直後は味が固くそっけない感じだが、2,3週間後ぐらいからどんどん味が乗ってきてうまみが増してくる。2ヶ月経っても香り高く華やかという、普通じゃ考えられない常識はずれの傑作酒。僕の評価:95点/100 ...

味の傾向:黒龍のフラッグシップ生酒・純米大吟醸。青々しくかつケミカルな香りは、まさに生きている日本酒を思わせる。滑らかでトロリとした舌触りは艶めかしいと言っていいほど。甘さが基本だが素晴らしいバランス感覚で、しつこさは絶無。相性のいい料理と合わせた時は、 ...

↑このページのトップヘ